妖精郷からの招待状

えーと、石井ゆかりさんの筋トレによると、なにやら山羊座さんは、自分の夢とか、ヴィジョンを分かりやすく話したほうが良いらしいので、ここに書きますね。

僕が、お話を語っているのは、とりもなおさず、妖精たちの寿命を、そして彼らの住む場所を守るためです。

え? ナショナルトラストでもやるの?

そう思われるかもしれませんが、それもまたやりたいのですが、別のお話。

よく素晴らしい自然環境が残っている場所を、市や企業が開発してしまって……なんて聞きますよね。残念でならないのですが、現実としてありますね。

どれだけ素晴らしい史跡や自然があっても、それに対してなーんも感じない人にとっては、荒れ地と同じなんです。妖精砦だってそう。知らない人にとってみれば、ただの土塁。そして瓦礫で作られた円形のナニカ。

妖精や神話というものは、それを知っている、心に刻んでいる人がいてはじめて、この世に具現化できるのです。そう、その人のパーソナルリアリティに浮かび上がってくるんです。


なーんにも感じない人にとったら、そういう場所はただの土地。
彼らを感じる心の潤いや、余裕があってはじめて彼らは、この世にあらわれることが出来る。

ならば、彼らを招くことのできる心を持ってもらうには……

『語るしかねーんだよね、これが』

お話は語り終わると、虚空に消える瞬間芸術です。
語り部が、吟遊詩人が語っている時だけ、そこに存在している。
あとは、ただ物語の残響が、聴く人の胸にさざ波立つだけ。

でも、その残響が、いつか、聞いてくれた人の心の滋養になるだろう。その人の、誰も侵すことのできない、柔らかくて、優しくて、暖かいところを守る見えないバリアになってくれる。
妖精たちは、そこに現れる。僕は確信しています。

妖精たちが訪れることのできる心を持った人が増えれば、今よりもっとこの世はステキになると思っています。喧嘩や戦争、哀しいことはなくならないかもしれないけど、少しは減ると思っています。

だから、これからも、どんどん語っていきます。
もしかすると、今より大きな舞台に立つことがあるかもしれない。
でも、僕の基本は、語り手と聞き手が同じ地平に立ち、間近で耳を澄ませられる小さな、あたたかい、平和な空間での語りです。

なにより、僕は語りをお行儀の良い芸術にはしません。
楽しんでください。笑ってください。しんみりしてください。浮世の憂さを忘れ、一緒に妖精郷を旅しましょう。レプラコーンと一緒に踊りましょう。美しい妖精と恋におちましょう。

僕はその案内人です。
皆さんの胸の海林にひっそりと立つ、妖精郷への扉を指し示めします。
扉は、いつでも開いているのです。

妖精王のお抱え吟遊詩人・高畑吉男

2017年9月22日 (金)

フェアリードクターカフェでした〜。

昨日は、市川のアトリエ・ローゼンホルツさんでフェアリードクターカフェでした。

毎回書いていますが、特になにをするわけでもなく、
ただ僕が在廊してハープを爪弾いたり、妖精のお話をするってだけなのですが、
今回は、いつになく魔法や『気』のお喋りをさせて貰ったりしました。
もちろん、ちいさなお話会も開催しましたよ〜。

9419bb6cs

もちろんお題は今夏のアイルランドで体験したことや、
体験した不思議なことなどなど……。
ナニを話したかは、内緒です♫

さて、次のアトリエでのお話会は、シリーズ石の話「草木を育む石」です。

6093b6d1s

今回も石英書坊さんが素敵なムーンストーンを揃えてくださいました!
楽しみですね〜。

10月1日
シリーズ・石を彩る妖精譚
                  
市川・アトリエローゼンホルツ

c

妖精譚、そして隣人たちは、
鉱物と強く結びついてる事があります。
竜は黄金を。ドワーフは鉱脈に。
フェアリードクター独自の目線で、彼らのお話を語ります。            

2月5日 竜の心臓の石                        
6月4日 妖精の籠の石     
10月1日 草木を育む母なる石  
12月3日 オーロラの落とし物の石
               

全て日曜日 13:~15:00
飲み物とお菓子付きで3,000円(予約制です)
090-1808-8911(佐藤)



2017年9月12日 (火)

アイルランド語に触れてみませんか?

Dia daoibh!  Conas atá sibh? Tá mé go maith!

こんにちはー、皆さんお元気ですか?

突然ですが、今度、アイルランド語講座を開催しちゃいます!
いままに何度かお話会の中で織り込んできたんですが、
今度は、それ単体での開催です。

難しい、ネイティブスピーカーに出会う機会がない、ついでに使う機会がない……
なーんて言われるアイルランド語ですが、その響きは摩訶不思議でとても美しい。

日本で人気のエンヤや、アイリッシュトラッドでは必ずと言って良いほど
アイルランド語での歌唱が入ってきます。

難しい事も沢山あるけれど、そこはそれ、フェアリードクターテイストで、
まずはその魅力に触れてみませんか?

もちろん、言葉だけではなく、アイルランドのあんな事やこんな事も
楽しくお話しちゃいます♫

フェアリードクターのアイリッシュ・ラボ@ヒトツナ
日時 9月25日(月) 11~12時半 
場所 高円寺 ヒトツナ
席料 1,500円

10476332_1513380732225848_523781393

もし好評なら連続開催も!?
一緒に、アイルランドの風に吹かれてみませんか?

» 続きを読む

パタパタしております。

こんにちはー、吉男です。

いつものことながら、帰国した後は暫くパタパタしております。
まぁ、仕方ないんですよね。あちらに行っている間、
通常業務はほったらかしですから。
もちろんネット環境は整っていて、メール応対とか出来るんですが、
どうしても主が勉強になるので、頭が学生モードに戻っちゃうんですね。

それはさておき。

いよいよ秋めいてきました。
毎秋、親友のひとり金木犀が「そろそろよ」と告げてくれると、
翌日、玄関を出ると、ふとあの甘い香りが漂っていたりします。
とある有名な妖精作家は、季節と共に、
エルフと呼ばれる木々の隣人たちの髪の色は変わっていくと描写しました。

確かに、木々の移ろい、陰の濃淡、風の匂いには、
彼らの息づかいが感じられますね。
それは深山幽谷だけでなく、きっと街路樹やちょっとした花壇にも、
彼らの歌声が響いているはずです。

さて、来週からいよいよ本格再始動です。
秋冬と毎年繁忙期。さぁ、頑張りますよ〜。

-------------------------------------------------------

フェアリードクターカフェ
市川・アトリエ・ローゼンホルツ
                   
恒例になりつつアトリエでのフェアリードクターカフェ。
今年も、妖精学講座を開催します。
2016年よりさらにディープに魔法学も絡めて……
               

c

               

9月21
日
10月15日
(特別講座)
11月16日

                  

そして今年のフェアリードクターカフェでは、
お話の小部屋を shineひっそりshine と開催しまいます。
お話会はちょっと敷居が高いな、気軽に妖精のことを話したいな……。
そんな午後の一時に、ぜひ!

                   
時間 午後2時~3時
席料 1,000円(お茶代込み)


僕の大好きなお話を1つ。もしくは、リクエストがあればそれを1つ。
なにか1つお話をします。
そのお話は、もしかしたら、みなさんの胸の海林にある、
妖精郷への扉を開く鍵になり得るかも知れません。

お話は、とても小さな揺らぎです。
その揺らぎは細やかだけれど、その残響はずっと後まで続くのです。
淡く、蛋白石(オパール)の様な良き隣人たちの足跡を、一緒に辿ってみませんか?
これは、妖精博士からのささやかな贈り物です。

◇                

9月24日
フェアリードクターに訊く
妖精学と妖精たちのいる風景
あざみ野カレッジ

v

お申し込みは
あざみ野カレッジのフォームよりお願いします。




9月25日
アイルランド語講座(仮)
高円寺・ヒトツナ
詳細はお待ちください

◇                

10月1日
シリーズ・石を彩る妖精譚
                  
市川・アトリエローゼンホルツ

c

妖精譚、そして隣人たちは、
鉱物と強く結びついてる事があります。
竜は黄金を。ドワーフは鉱脈に。
フェアリードクター独自の目線で、彼らのお話を語ります。            

2月5日 竜の心臓の石                        
6月4日 妖精の籠の石     
10月1日 草木を育む母なる石  
12月3日 オーロラの落とし物の石
               

全て日曜日 13:~15:00
飲み物とお菓子付きで3,000円(予約制です)
090-1808-8911(佐藤)


10月8日
秋の午後の妖精物語
                  
荻窪・ギャラリー遊美

            

m

2017年9月 8日 (金)

帰国して変わったこと。

お酒とカフェインがダメになりました。

帰りの機内では大丈夫だったのですが、成田からの電車の中で
良い感じでビールをあけているおじさんの傍を通ったとき、
不意に吐き気が……そのあともやっぱりダメで……。

コーヒーも紅茶も似た感じで、ダメになってしまいました。

うむむむ。

さてはて、どうなっていくのかなぁ。

帰国体験のお話会、無事終了しました〜。

昨日は、日野のクレアさんで、帰国のお話会でした〜。
今回も、ヒトツナさんのプロデュースでした。

21534545_1451411504972175_130519158

21441540_1451411528305506_202557231

いつもながら、素敵ですね〜。
晩夏と初秋の花が咲き乱れています。

21441316_1451411538305505_8922615_2

会自体は、いつものお話会と違って、
僕がアイルランドで経験したこと、出会った不思議なことを
思いつくままに語るスタイルでした。

今回もちょっと不思議な体験があったので、それを♫

なんだかんだでもうアイルランド帰省も6年目。
来年は南部に居を移しす事になっています。
さぁ、どうなりますか、乞うご期待です〜。← 気が早いッw

--------------------------------------------------------

フェアリードクターカフェ
市川・アトリエ・ローゼンホルツ
                   
恒例になりつつアトリエでのフェアリードクターカフェ。
今年も、妖精学講座を開催します。
2016年よりさらにディープに魔法学も絡めて……
               

c

               

9月21
日
10月15日
(特別講座)
11月16日

                  

そして今年のフェアリードクターカフェでは、
お話の小部屋を shineひっそりshine と開催しまいます。
お話会はちょっと敷居が高いな、気軽に妖精のことを話したいな……。
そんな午後の一時に、ぜひ!

                   
時間 午後2時~3時
席料 1,000円(お茶代込み)


僕の大好きなお話を1つ。もしくは、リクエストがあればそれを1つ。
なにか1つお話をします。
そのお話は、もしかしたら、みなさんの胸の海林にある、
妖精郷への扉を開く鍵になり得るかも知れません。

お話は、とても小さな揺らぎです。
その揺らぎは細やかだけれど、その残響はずっと後まで続くのです。
淡く、蛋白石(オパール)の様な良き隣人たちの足跡を、一緒に辿ってみませんか?
これは、妖精博士からのささやかな贈り物です。

◇                

9月24日
フェアリードクターに訊く
妖精学と妖精たちのいる風景
あざみ野カレッジ

v

お申し込みは
あざみ野カレッジのフォームよりお願いします。

◇                

10月1日
シリーズ・石を彩る妖精譚
                  
市川・アトリエローゼンホルツ

c

妖精譚、そして隣人たちは、
鉱物と強く結びついてる事があります。
竜は黄金を。ドワーフは鉱脈に。
フェアリードクター独自の目線で、彼らのお話を語ります。            

2月5日 竜の心臓の石                        
6月4日 妖精の籠の石     
10月1日 草木を育む母なる石  
12月3日 オーロラの落とし物の石
               

全て日曜日 13:~15:00
飲み物とお菓子付きで3,000円(予約制です)
090-1808-8911(佐藤)



 

2017年9月 6日 (水)

いよいよ明日は……

さーて、いよいよ明日は帰国一発目のお話会です!
例年通り、帰国最初のお話会は、アイルランド体験記と銘打って
あちらで撮りためた写真等々をご覧に入れながらお話します。

21363491_1448605168586142_4028712_2


日野のクレア・ホーム&ガーデンさんは毎回ステキなおもてなしをしてくださり
僕も伺うのが楽しみな場所の1つです。

さて、どんなお話が飛び出しますやら乞うご期待!
お席があと少しだけあるようなので、ご希望の方は、クレア・山崎さんまで。

アイルランド語ミニ講座なんてのもやっちゃおうかな〜なんて目論んでます♫

ゴールウェイ大アイルランド語コースについて。総括。

ちょっと間が空いてしまいましたが、どうでしょう。
なとなーく、アカデヴの概略は掴めましたか?

もともとが大学のインターンシップ認定校ですので、
どうしても勉強の面が強く出てしまいますが、
ちゃんと毎週土曜日は校外学習として、近隣の史跡に行ったり、
街へ下したりしますし、日曜日は全休で、
それこそゴールウェイなどに出かけてお買い物なんかもしてました。

それと、完全パック?のコースなので、現地でほぼお金を使わない!
もちろんアカデヴのお向かいにパブが2軒ほどあって、
夜毎生徒が飲みに出ていますが、それでもギネスが500円ちょっとなので
そんなに使うことはありませんし、こちらのパブは飲むことが目的ではなく、
お喋りするための場所なので、飲んだとしても2パイント程度。

あとは同級生と話しに花を咲かせて……という感じです。

1ヶ月の長丁場。
ちょっと大変だとは思うのですが、アイルランド語使用地域の中でも、
特に有名なキャラローに、ホームステイという形で滞在することは
アイルランド体験としては極上ではないかなーと思うのです。

僕は今夏ですべてを終了になりましたが、
次は、もっと喋れるようになって『最上級レベル1週間コース』に参加しようかな〜
なーんて企んでます。どうですか? 一緒にアイルランド語を学んでみませんか?

Unadjustednonraw_thumb_23ca

悪ガキ定番の落書き〜w

2017年9月 1日 (金)

ゴールウェイ大アイルランド語コースについて。学校編

さて、今日は、いよいよ本題の授業についてです。

開講日に、ゴールウェイの中心部にある、ゴールウェイ大に集まり、
簡単な手続きの後、バスでキャラローのアカデヴに移動。
そのままオリエンテーションとなり、クラス分けが行われます。
テストなどがあるわけではなくて、自己申告制で、
エレメンタリー(入門)、ビギナー(初級)、
インターミディエイト(中級)、アッパー(上級)の4クラスが基本編成。
だいたい、ひとクラス10人前後。
もちろん、途中で、移動することも可能です。

次に、ザッと1日の予定を書きますね。

9:30  1限目
11:00  休憩
11:30  2限目
13:00  昼休憩(食堂にて)
14:00  3限目
15:00  休憩
15:15  4限目
16:00  学科終了
18:00  夕食(各ステイ先にて)
20:00  アクティビティ、もしくはレクチャー

となってます。
はい、ずんなり勉強ですね〜。
これが1ヶ月続くわけですが、もちろんお休みの日もあって、
土曜日は基本的に、校外学習として、近隣の史跡などを訪ね、
日曜日は全休となっています。

さて、授業内容なのですが、クラスによって、
つまり講師によってかなり速度というか進め方が違うのですが、
まぁ、日本で言うところの英語の授業って感じでしょうか。
文法を習ったり、ちょっとした遊びめいたスタイルもあり。
ビギナーで有れば有るほど、楽しく内容が多くなると思います。

ですが、ココで注意点!
すべての授業は、基本英語で進みます
(今年参加したアッパーは英語アイルランド語半々でしたが)。

英会話なら少しは……と言う方も多いと思いますが、
文法などの専門用語もたくさん出てきますし、
なにより英語圏の人向けの授業なので、日本人のことはお構いなしです。

いや、もちろん、気を使ってくれるのですが、
それでも言葉の壁って存外に分厚くて大変です。

それに、アイルランド語↔日本語の辞書も、アプリもなく、
アイルランド語→英語→日本語の2回翻訳が課せられるので、
頭脳疲労もかなり溜まります。
またアカデヴの授業は、わりと文法寄りですので、余計に……。

ですので、お勧めしたいのは、
日本で発売されているアイルランド語の教本を持参すること。
授業内容を、その場で教本と照らし合わせると、かなり二度手間が省けますし、
やはり英語を挟まない方が、スムースに理解出来ます。
帰宅後の復習にも大活躍です。

現状2冊出版されていて、どちらも、このキャラローを中心とした方言が
ベースとなっているので安心です。
☆アイルランド語には標準語はなく、地方によって綴りや発音、
文そのものに大きな違いがあるのです。

1)ニューエクスプレス アイルランド語(CD付)

2)アイルランド語文法 コシュ・アーリゲ方言 Learning Irish

1の方が簡単で、インターミディエイトまでならこの1冊でOK。
2は、かなり難しくアッパー向けです。

1日の授業時間もさることながら、1ヶ月という長丁場。
なかなかに大変ですが、気負わず、自分のペースで進めることが肝ですし、
1ヶ月を過ぎれば、簡単な会話も出来るようになりますよ。

最後に。
2週目から、毎週木曜の午後はテストが行われます。
筆記ではなく、口頭試問形式のオーラルテストで、
これをすべて受けると、グレードが交付されます。
アカデヴ自体がアメリカやカナダの大学の単位認定コースに含まれているので、
生徒の殆どは大学生で、みんなAやB判定を望んでいて気合いが入ってます。
特にテスト前や順番待ちの時はかなり緊張していますね〜。
→ちなみに僕はすべてA判定でした〜。ちょっとだけ自慢♫
というか、真面目に授業を受けていれば、C判定とかまずないと思いますよ(^^;

20525586_1518162884911541_316229896

アッパーでの授業風景。
先生が出題した問題を解いて、各自ホワイトボードに。
その後、みんなで正誤確認していくという流れ。

2017年8月31日 (木)

ゴールウェイ大アイルランド語コースについて。生活編

さてはて。

僕が4年間通ったゴールウェイ大のアイルランド語コース。
正式には、International summerschoolという括りで掲載されているコースです。
他にも、アイリッシュカルチャーなどのコースもあり、
そのどれもが7~8月に開催されています。

他のコースは、大学本校のあるゴールウェイで開校されていますが、
アイルランド語コースは、アイルランド語使用地区(ケールタハト)と呼ばれる地域、
その中でも最大規模?とされるコネマラ地方。
そこの海岸地域キャラローにあるアカデヴで開校されます。

基本的にケールタハトは、僻地にあることが多く、
キャラローもその1つで、町というより、通りに面して幾つか店があって、
そこを中心に、家が点在している感じです。

カフェが2つに、パブが2つ。チャイナレストランに、
コンビニを広くしたようなスーパー1軒。
ホテルやB&Bもありますが、こぢんまりとした町です。

基本は、その地域のお宅にホームステイする形を取り、
シングルルーム、シェアルームの2つから選べます
(もちろんシングルルームの方がお値段お高いです)。

僕はシングルルームにしか滞在したことがないのですが、
部屋にはベッドと洗面台が設えてある事が多く、
運が良ければ専用のシャワールームが併設されてあることも。

アイルランドはシャワーがメインで湯船に浸かることはまずありません。
雨が多い割に乾燥していて涼しく、真夏でも20℃を切ることが多いので
そんなに汗もかくことも多くありませんから、シャワーで充分?
ただ、シャワーの水圧はそれほど高くないので、ご注意を。

そして、日本と違って硬水なので、石けんがあまり泡立ちません。
また日本人好みの洗い上がりサッパリ系の洗浄料はあまりないですね。
シャワークリームやボディーソープが主流で、洗い上がりしっとりヌルリン系です。

食事は朝昼晩とホストマザー(アイルランド語でバナン・ティー)が
作ってくれたものを食べます。
お昼は食べに帰るの? となりそうですが、
お昼はバナン・ティーが出来たてを学校まで運んできてくれるので、
それをみんなでホールで頂きます。

因みに、アイルランドの料理はお隣の国と違って美味しいです。
素材の味を活かした味付けが多くて、日本人にも馴染みやすいと思います。
ただ、なにせ量が多いです。
朝はお宅によっても違いますが、山盛りオートミールにトースト。
果物に紅茶、コーヒー。
家によってはベーコンにパンケーキも出されたりするそうです。

昼はサンドイッチやピザが多いですが、
夜は前菜、メイン、デザートの3コースに、付け合わせの野菜に、
定番のお芋がどっさりと提供されます。
←マッシュポテト、ボイルドポテト、フライドポテトがいっぺんに出たことも!

それだけではありません。
またこの次に書く予定の学校編でも触れるのですが、
午前の休憩時間に、学校からお茶とコーヒー、そしてお茶菓子が振る舞われます。

つまり3食おやつ付き。

はい、気をつけなければ太ります。食事を残すのに抵抗がある日本人は
どうしても全部食べようとしてしまいますが、そこは抑制してください(^^;
ちゃんに多いです、と言えば調整してくれます。

ついで、服。
これは毎回問題というか、困るのですが、
盛夏の日本から涼夏のアイルランドへ移動するので、
どうしても冬服を持って行くことに抵抗が生じるのですが、
ハッキリ言って、冬服ないと風邪引きます。
今年も何人も風邪で寝込んでいました。はい。

雨でも大丈夫なコート、必須です。
そして軽く羽織れるセーターなんかあると良いです。
こちらで有名なアランセーターを買うのもアリですが、
キャラローでそういうのを売っているお店はありません。
ダブリンかゴールウェイで仕入れてきてください。

土地柄、雨や風が強いこともありますが、傘をさす人は希です。
帽子とコートのフードで凌ぐ人が殆どです。
なぜなら雨とは言え、日本の雨より雨脚が弱く、降ったり止んだりなので
あまり必要としてない感じです。

そして靴。スニーカー必須です。あと荷物に余裕があれば雨に強いモノも。
コンバースなんかの薄い布製のスニーカーだと1日でずぶ濡れです。

衣類の話ついでにお洗濯について。
お洗濯は、去年まで出入り業者に頼む形だったのですが、
今年からはホストマザーに頼むようになりました。
週に1回、お洗濯の日(家によってまちまち)があり、翌日には戻ってきます。
→と言うことは下着は最低7枚はいるということですねー。ご注意を。

とまぁ、色々と書きましたが、
基本は他のお宅にご厄介になるので、そこのお宅のルールに従う形になりますが、
次の学校編で分かりますが、ほぼ1日学校にいることになるので、
家には食事と寝るだけって感じです。

そんなわけで、いよいよ次は学校編でーす。
→たぶん更新は明日〜

Img_2496

キャラローの町並み。

戻ってきました!

お久しぶりです! 高畑吉男です。
昨日、無事に帰国しました〜。
いやぁ、どこかの国の誰かさんのお陰で、
飛ぶの!? 飛ばないの!? と冷や冷やしていましたが、
定刻より早く成田につくことができました。
いやぁ、Jアラートにはビックリしましたね。

さてはて。

今回も色んな事がありましたよ、アイルランド帰省。
その中で、1番驚いたのが、ゴールウェイ大学のアイルランド語コースに、
なんと僕以外の日本人生徒がいたということ!

このCさん(仮名・女性)。
なんと僕のブログを見て、このコースについて色々知ったというのです!
えーへ、マジですか!? このブログがそんな役に立ったのか!?

まぁ、実用度はさておき、Cさんとも話したんですが、
このゴールウェイ大のアイルランド語コース。
ハッキリ言って生徒募集してるのか!? と言うくらい、宣伝していないんです。
まぁ、もともと、アメリカやカナダの大学生が
卒業や単位修得に必要なグレードを取得するためのコースで、
そもそもが学生外をメインの募集対象としていないからってのがあるのですが……。

てなわけで、今回の帰省回顧録は、
このゴールウェイ大のアイルランド語コース紹介をメインにしていこうと思います。
もし、興味ある! という方は乞うご期待〜。

20247569_1505328402861656_763162244

画像は授業風景です〜。

«アイルランドです!