妖精郷からの招待状

えーと、石井ゆかりさんの筋トレによると、なにやら山羊座さんは、自分の夢とか、ヴィジョンを分かりやすく話したほうが良いらしいので、ここに書きますね。

僕が、お話を語っているのは、とりもなおさず、妖精たちの寿命を、そして彼らの住む場所を守るためです。

え? ナショナルトラストでもやるの?

そう思われるかもしれませんが、それもまたやりたいのですが、別のお話。

よく素晴らしい自然環境が残っている場所を、市や企業が開発してしまって……なんて聞きますよね。残念でならないのですが、現実としてありますね。

どれだけ素晴らしい史跡や自然があっても、それに対してなーんも感じない人にとっては、荒れ地と同じなんです。妖精砦だってそう。知らない人にとってみれば、ただの土塁。そして瓦礫で作られた円形のナニカ。

妖精や神話というものは、それを知っている、心に刻んでいる人がいてはじめて、この世に具現化できるのです。そう、その人のパーソナルリアリティに浮かび上がってくるんです。


なーんにも感じない人にとったら、そういう場所はただの土地。
彼らを感じる心の潤いや、余裕があってはじめて彼らは、この世にあらわれることが出来る。

ならば、彼らを招くことのできる心を持ってもらうには……

『語るしかねーんだよね、これが』

お話は語り終わると、虚空に消える瞬間芸術です。
語り部が、吟遊詩人が語っている時だけ、そこに存在している。
あとは、ただ物語の残響が、聴く人の胸にさざ波立つだけ。

でも、その残響が、いつか、聞いてくれた人の心の滋養になるだろう。その人の、誰も侵すことのできない、柔らかくて、優しくて、暖かいところを守る見えないバリアになってくれる。
妖精たちは、そこに現れる。僕は確信しています。

妖精たちが訪れることのできる心を持った人が増えれば、今よりもっとこの世はステキになると思っています。喧嘩や戦争、哀しいことはなくならないかもしれないけど、少しは減ると思っています。

だから、これからも、どんどん語っていきます。
もしかすると、今より大きな舞台に立つことがあるかもしれない。
でも、僕の基本は、語り手と聞き手が同じ地平に立ち、間近で耳を澄ませられる小さな、あたたかい、平和な空間での語りです。

なにより、僕は語りをお行儀の良い芸術にはしません。
楽しんでください。笑ってください。しんみりしてください。浮世の憂さを忘れ、一緒に妖精郷を旅しましょう。レプラコーンと一緒に踊りましょう。美しい妖精と恋におちましょう。

僕はその案内人です。
皆さんの胸の海林にひっそりと立つ、妖精郷への扉を指し示めします。
扉は、いつでも開いているのです。

妖精王のお抱え吟遊詩人・高畑吉男

2017年5月28日 (日)

藤沢はSacred stonesさんでお話会でした〜。

昨日は藤沢のSacred stonesさんでお話会でした。

藤沢って何年ぶりだろう。
学生時代、学校の関係で代々木上原に住んでいたときがありました。
その頃、おお! 小田急線って江ノ島とか鎌倉まで行くのか! と驚き、
喜び勇んで湘南に出かけたときに、乗り換えた駅……

すいません、降りたことはありませんでしたsweat01

Sacred stonesさんは駅前の小田急百貨の隣にあって、
たくさんの石たちがキラキラと飾られていました。

Rimg9853

ね? 凄いでしょ?

Rimg9859


久しぶりにこんな石に囲まれてお話をさせて貰いました。
そして後半は、フェアリードクターの質疑応答タイムでした。
ふふふ。個々での内容は秘密です。
ほら、彼らの事は大っぴらにしてはなりませんからね wink

さて、石のお話はまだまだ続きます。
次は妖精の籠の石です。お楽しみに〜。

--------------------------------------------------------

6月4日

シリーズ・石を彩る妖精譚                   
市川・アトリエローゼンホルツ

               

i

妖精譚、そして隣人たちは、
鉱物と強く結びついてる事があります。
竜は黄金を。ドワーフは鉱脈に。
フェアリードクター独自の目線で、彼らのお話を語ります。

               

2月5日 竜の心臓の石                        
6月4日 妖精の籠の石     
10月1日 草木を育む母なる石  
12月3日 オーロラの落とし物の石
               

全て日曜日 13:~15:00
飲み物とお菓子付きで3,000円(予約制です)

ご予約は090-1808-8911(佐藤)まで

               

               

フェアリードクターカフェ
市川・アトリエ・ローゼンホルツ
                   

恒例になりつつアトリエでのフェアリードクターカフェ。
今年も、妖精学講座を開催します。
2016年よりさらにディープに魔法学も絡めて……

                                    
               

c

 
6月22日

9月21
日
10月15日
(特別講座)
11月16日

                  

そして今年のフェアリードクターカフェでは、
お話の小部屋を shineひっそりshine と開催しまいます。
お話会はちょっと敷居が高いな、気軽に妖精のことを話したいな……。
そんな午後の一時に、ぜひ!

                   
時間 午後2時~3時
席料 1,000円(お茶代込み)
   

僕の大好きなお話を1つ。もしくは、リクエストがあればそれを1つ。
なにか1つお話をします。
そのお話は、もしかしたら、みなさんの胸の海林にある、
妖精郷への扉を開く鍵になり得るかも知れません。

お話は、とても小さな揺らぎです。
その揺らぎは細やかだけれど、その残響はずっと後まで続くのです。
淡く、蛋白石(オパール)の様な良き隣人たちの足跡を、一緒に辿ってみませんか?
これは、妖精博士からのささやかな贈り物です。




2017年5月22日 (月)

夢見るチカラ

と言えば、北海道TVのキャッチフレーズですが〜
ある意味で僕のキーワードでもあります。

でも、ただ夢見るだけならそれは妄想と変わらないわけで……。
又聞きというか、以前読んだ本に書かれていたことなのですが、
古代ギリシアのピタゴラス派では、幻想の象徴はハープだったそうで、
なぜかというと、夢幻の音、旋律を奏でるからだそうです。
でも、それは完全に調弦しているからであり、
調弦とは知識であり、哲学だそうです。

この論旨を、本当にピタゴラス派が唱えていたかはさておき、
調弦って大事ですよね。
そう勉強とか、理性とか、客観性ですね。

僕は僕なりのスピードですが、一生学んでいこうと思います。
じゃないと、僕の夢見るチカラは精錬されないし、
僕の手は常若の国に届かないから。
進みます!

2017年5月19日 (金)

フェアリードクターカフェでした。

昨日は市川でフェアリードクターカフェでした。
もう恒例になったお話の小部屋では、
少し趣向を変えて、アイルランドではなくスラヴの民話を披露させて貰いました。
ミュシャのスラヴ神話が全編公開されていることもあり、
みなさん、かなりの熱量で聞き入ってくれました。

旧ソ連あたりは、政策もあり長らく外に出てこなかったと言います。
けれど、アイルランドの妖精譚と同じく、民間でしっかりと語り継がれてきた。
それらにやっと日が当たり、研究が進んでいます。

うん。スラヴのお話に登場する良き隣人たちは、
アイルランドとはまた少し違っていて、けれど同じくらい魅力的です。

もちろん、僕はアイルランドのお話が大好きなのですが、
これからは彼らとも仲良くしていこうと思っています。
乞うご期待です♫

18596652_1338487089597951_200691480

神棚の下で演奏〜。

そして、今回のお菓子はなんと、アトリエのオーナーさんの手作り!
銘菓『吉男の頃』とお抹茶です。
←彼らの色のしたにある手作り餡子が腹黒く透けてて良いw

Image2_2


そして、こちらもオーナーさんデザイン?の鹿威し。
循環タイプのものですが、メダカちゃんもいますよ。
水霊への祈願と言うことで、フェアリードクターのお仕事もさせて貰いました。

Image1

そんな素敵なアトリエでの次は〜

--------------------------------------------------------

6月4日

シリーズ・石を彩る妖精譚                   
市川・アトリエローゼンホルツ

               

i

妖精譚、そして隣人たちは、
鉱物と強く結びついてる事があります。
竜は黄金を。ドワーフは鉱脈に。
フェアリードクター独自の目線で、彼らのお話を語ります。

               

2月5日 竜の心臓の石                        
6月4日 妖精の籠の石     
10月1日 草木を育む母なる石  
12月3日 オーロラの落とし物の石
               

全て日曜日 13:~15:00
飲み物とお菓子付きで3,000円(予約制です)
ご予約は090-1808-8911(佐藤)まで

               
◇               

フェアリードクターカフェ
市川・アトリエ・ローゼンホルツ
                   
恒例になりつつアトリエでのフェアリードクターカフェ。
今年も、妖精学講座を開催します。
2016年よりさらにディープに魔法学も絡めて……

                                    
               

c

 
6月22日

9月21
日
10月15日
(特別講座)
11月16日

                  

そして今年のフェアリードクターカフェでは、
お話の小部屋を shineひっそりshine と開催しまいます。
お話会はちょっと敷居が高いな、気軽に妖精のことを話したいな……。
そんな午後の一時に、ぜひ!

                   
時間 午後2時~3時
席料 1,000円(お茶代込み)
   

僕の大好きなお話を1つ。もしくは、リクエストがあればそれを1つ。
なにか1つお話をします。
そのお話は、もしかしたら、みなさんの胸の海林にある、
妖精郷への扉を開く鍵になり得るかも知れません。

お話は、とても小さな揺らぎです。
その揺らぎは細やかだけれど、その残響はずっと後まで続くのです。
淡く、蛋白石(オパール)の様な良き隣人たちの足跡を、一緒に辿ってみませんか?
これは、妖精博士からのささやかな贈り物です。

2017年5月16日 (火)

聖徳大学での講座と、そして。

昨日は聖徳大学での講座でした。
こちらの生涯学習講座で講座も、もう2年になるんでしょうか。
地元駅から、大学の松戸へのJR乗り継ぎも手慣れたものになりました。
でも、松戸で美味しいモノとか、まだだったりします sweat01

さて、今回の講座は初心に返って語りのみ。
プロジェクターや映像は使わず、
受講生の皆さんの想像力を最大限に使ってもらおうという算段です。

それが功を奏したかどうかは、聞き手の皆さんのみ知るところですが、
1つお話を語り終わった後の皆さんからの感想や質問を聞く度に、
ああ、彼らの姿というのは、聞き手の数だけあって、
様々に変化するんだなーと感心しました。

もちろん、ある程度のアウトラインというか、おきまりの姿はあるのですが、
昔からの言い伝え通り、彼らは人の想像力を介して姿を変えるというのは
本当のことなのかもしれませんね。

そんな講座のあとで、もっとスピリチュアルな話を期待していました、
とご意見を頂きました。

あー、そうかぁ〜。

実は、この手のお問い合わせ大学に限らず、多いんです。
もっと精神世界的なお話を……、実際の妖精について……というご要望。

もちろん、それらのご要望にお応えして、時々、通常のお話会で、
その領域に光を当てた会を開催することはあります。

ですが、大学での講座という性質、なにより1Day講座という体制上、
そこに時間を割くというのはなかなか厳しいのが現状です。
もし連続3回講座とかであるならば、最後の1日をそれに当てることは出来ますが、
妖精譚から探る……と銘打っている現在では、少し難しいかなーと。
出来るだけ間口を広げて開催するのが、生涯学習講座のスタイルですので、
ガッカリされることもあるかもしれませんが、よろしく御承服ください。
うーん、本当に連続講座であれば〜sweat01
(ぶっちゃけ、まだまだ大学講師としてはペーペーなので皆さんのお声次第なんです)

18493621_1334926579954002_142503193

2017年5月 8日 (月)

GW、みなさまいかがお過ごしでしたか?

ゴールデンウィークが終わりましたね。
どこかに行かれた方も多いのではないでしょうか。
僕は、平素の週末と変わらず、適度に引きこもり、ジム三昧でした。

そんな中、星読みの友人と、色々と話すことがありました。

トラウマって、克服できるモノなの?

という、まぁ至って呑気なお話なのですが……。
存外かもしれませんが、僕はトラウマというか、
ネガティブスイッチ(地雷)が多くて、時々、もーどーでもええ、となってしまいます。

たいていは寝たり筋トレしたりすれば解消されるレベルですが、
時に、もう本当に座り込んで、思考の迷路をさまようこともしばしば。
今回もまたどーでもいいことでウダウダ悩んでいたわけですが、
たいてい悩みって他所様からしたら、なんでそんなことを? ってものですよね。

星読みの彼女曰く『そう設定されてるんだからさもありなん』だそう。
幻想の星・海王星と、制限と試練(現実)の星・土星
その両極に釘付けされているらしく、
どうあがいても、振り切れない、振り切ってはいけないそう。
だからこそ、こちらとあちらの橋渡しが出来るのだけれど、
本人にしてみればもう大変。

僕にとって幻想というか、あちら側の世界というのは、
とりもなおさず、良き隣人たちの世界。
そしてもう一つは現実のこの社会。

いかに現実の世界にそぐう形で、幻想を幻想のまま届けたい。
そんな無理難題をやろうとしてるからあがくわけで。
だって、僕にとって彼らの居る世界は当たり前で、
ことさら強調する必要はないんだもの……。

これが土星に軸足があって、海王星を見上げているのなら、
あるいは楽なのかなもしれないんですけどね。
ギリシア神話のように学術的パンテオンを作って、
論理立てて説明することが出来たらなぁ。したくないけど。
きっと神話とかファーストネイションのお話なんかを採話した人たちは、
見えない人たちなんだろうなぁ。だからこそ冷静に書き記せたんだろうなぁ。
だって、そういう世界の語り部たちって、
書き記すことの恐ろしさを知ってるはずだしね。
そうなのですよ、書き記されてしまった時点で、幻想は幻想ではなくなり、
創作物に墜ちてしまうんですよ……。

でも、この現代世界と言われた地平で生きていく以上、
日本って国に生まれたからには、自分の居場所を作るには、
努力も勉強も資金も必要。
それをどうやって捻出していくか。
それがテーマなんだろうなぁ。

Bckiauiccaaafph

と、呑気な事を考えている妖精博士が、大学で講座を開きます。
ぜひこの機会に〜。

--------------------------------------------------------

5月15日
妖精郷への誘い~妖精譚から垣間見る妖精たちの姿

聖徳大学

               

s

フェアリー、エルフ、ニンフ。
童話、ファンタジーと様々なところに登場する彼ら。
美しく陽気で、踊りと音楽を愛する良き隣人たち。
果たして彼らは、いったい何者なのか。花々の精?
それとも古い神々の残影? 
知っているようでいて知らない彼らのことを、
西欧諸国に伝わる民間伝承を中心に、
魔法学、妖精学、そして語りを通してお伝えしていきます。                                                                                                                    

5月15日(月) 13:00 ~ 14:25
受講料 1,550円

お問い合わせは↓から                                        

                  
〒271-0092 千葉県松戸市松戸1169
聖徳大学生涯学習社会貢献センター内
Email: soa@seitoku.ac.jp                   
FAX:047-365-1233 

2017年4月30日 (日)

ヴァルプルギスの夜が来る!

今日は4月末! 明日から5月1日です。
そう、今夜はヴァルプルギスの夜です!

古代ケルトにはバルティナあるいはケートハブンと呼ばれる春の祭りが5月1日にあり、この祭りの前夜がヴァルプルギスの夜などと呼ばれ魔女たちがサバトを開き跋扈(ばっこ)するなどと伝えられていた。ケルト人たちは1年を暖季と寒季の2つにわけ、暖季を迎えるこの日を、寒季の訪れる11月1日のサァオインあるいはハロウマスの祭りとともに季節の変わり目として大切にしていた[2]

wikiより

まぁ、wikiの情報は色々と???な所もありますが、
インボルグから兆してきた光が、いよいよ5月1日のベルティネで
完全復活を遂げ、光の季節が始まります。
その前夜、魔女が集会を開いたり、隣人が騒いだりします。
まー、あんまり夜歩きしないほうが良い日って感じですね。

昨今のニューエイジ系だと、新しい服を新調したりなどあるみたいですが、
妖精博士的には、やはり、寝る前に、
軒下や出窓に、ミルクを出しておいて欲しいのです。
きっと踊り疲れた彼らが、ミルクを飲みに来ますからね。

Img_2043

近くの雑木林。初夏を象徴する白い花が咲き乱れています。

2017年4月25日 (火)

初夏のお庭で……

今日は、日野のガーデンカフェクレアさんでのお話会でした。
今回は、高円寺の、これまたお世話になっているヒトツナさんの企画です。

18110213_1311020205677973_186087486


18110294_1311020295677964_578374092

クレアさんと言えば、え!? ココって日本なの!? 
と思っちゃうような純英国風のコテージとお庭。
今日はお天気にも恵まれて、晩春と初夏の花が咲き乱れていました。

シラー(スパニッシュフルーベル)、チューリップ、モッコウバラ……etc
本当に素敵なお庭です。

お料理だって、素晴らしい!

18159667_1311020279011299_292298562


18159295_1311020282344632_159731458

これは語るのにも気合いが入るというものです。

お花の逸話をたくさん語ってきました。
もちろん、隣人たちのお話、アイルランド神話も!

Image1_2

雰囲気、完璧でしょ!? 
これはもう、語り部冥利に尽きる舞台ですよね。

ゆっくりとですが、語りの場が増えています。
本当に有り難いことですし、背筋が伸びる思いです。

企画してくだったヒトツナの國松さん、クレアのオーナー山崎さん、
参加してくださった皆さん、本当にありがとうございます。

これからも、もっともっと、彼らを身近に感じて貰えるように、
妖精郷の扉を開けるように頑張っていこうと思います。
あ! もちろんハープも(^^;

次は、大学での講座です♫

--------------------------------------------------------

5月15日
妖精郷への誘い~妖精譚から垣間見る妖精たちの姿

聖徳大学

               

s

フェアリー、エルフ、ニンフ。
童話、ファンタジーと様々なところに登場する彼ら。
美しく陽気で、踊りと音楽を愛する良き隣人たち。
果たして彼らは、いったい何者なのか。花々の精?
それとも古い神々の残影? 
知っているようでいて知らない彼らのことを、
西欧諸国に伝わる民間伝承を中心に、
魔法学、妖精学、そして語りを通してお伝えしていきます。                                                                                                                    

5月15日(月) 13:00 ~ 14:25
受講料 1,550円

お問い合わせは↓から                                        

                  
〒271-0092 千葉県松戸市松戸1169
聖徳大学生涯学習社会貢献センター内
Email: soa@seitoku.ac.jp                   
FAX:047-365-1233 

2017年4月24日 (月)

明日は日野です。

気がつけば四月も最終週……もうゴールデンウィークなんですねsweat01

年を取ると1年が早いなどと言いますが、
たぶん、学生の頃は定期考査とか学期が、時間の流れの目盛りだったから
毎月某かの会議やら予定があって、気がつくとひと月が過ぎてゆく大人よりも
ゆっくりと感じられたんでしょうね。

もちろん、僕の場合はアイルランドなどの四大祭やお話会、
なにより毎夏のアイルランド帰省が目盛りなので、
気がつくと夏になっていたりします。

と言うわけで、立夏を控えた明日、
日野のクレア・ガーデンホームさんでお話会です!
今回は、これまたお世話になっている高円寺のヒトツナさんの企画で、
花咲き乱れる洋館でのお話会。

17968303_1299400916839902_131712806


17916205_1299400896839904_146300557

写真は、ヒトツナの國松さんが送ってくださった先週のお庭の様子。
きっと明日は、もっと色々と咲いているんだろうなぁとワクワクしてます。

この時季は、本当に春の名残と初夏の花が咲きそろっていて、
至る所で彼らの踊りや歌が響いて、道を歩くだけでワクワクします。

さぁ、明日はなにを語ろうかなぁ♫


--------------------------------------------------------

4月25日
日野 クレア・ガーデンホーム

今回は、いつお世話になっている高円寺のヒトツナさんの企画です。

17838739_1292951560818171_8239871_2

たぶん、若干の空きがあるのかな……?
ぜひねこの機会にバラの咲き初める洋館でお話とランチをいかがですか?

2017年4月21日 (金)

フェアリードクターカフェでした。

昨日は、市川のアトリエローゼンホルツでフェアリードクター・カフェでした。

Img_1994

いつものように、みなさんとお話しながら、なにを語るかを決めてゆきます。
昨日は猫になった小人の話と、アイルランド神話の白眉、オーシンを。
そして、前回と同じくチェーンテリングを。
今回は、オリジナルのお話を紡いでいくのではなく、
浦島太郎をみんなで繋いでいきました。

Img_1995

亀の子たわしで浦島太郎。えへへ。

当たり前のように知っているお話でも、語るとなると大変なんですよね。

ハープでは、初披露の人魚の歌を2つ。そこそこ弾けたかな?
でも某アニメの有名なハープの曲は、要練習だなぁ(^^;

フェアリードクター・カフェのお話の小部屋は、
いつものお話会より、短くて、お話はひとつだけです。
そのぶん、妖精譚についての四方山話が多くて、
どちらかというと、語りを聞いていただくより、僕のお喋りを聞く、という感じ。
お話会のような濃密さはないかも知れませんが、
その分、気軽に彼らの世界に触れることが出来るんじゃないかな、と思っています。

何度も話しているのですが、語りや、妖精譚、なにより隣人たちというのは、
日々の生活の傍らにあってこそだと思います。
出来るだけ多くの人に、気軽に、彼らの事、彼らのお話を届けたい。
回を重ねる度に、その思いが強くなっていきます。

てなわけで、今ちょっと、色々と計画中です。
オオゴトではないですけど、もっと皆さんとの時間を取れるように。

ぜひ、一緒に妖精郷を旅しましょう!

--------------------------------------------------------

4月25日
日野 クレア・ガーデンホーム

今回は、いつお世話になっている高円寺のヒトツナさんの企画です。

17838739_1292951560818171_8239871_2

まだ若干の空きがあるようです。
ぜひねこの機会にバラの咲き初める洋館でお話とランチをいかがですか?



5月18日(木)
フェアリードクターカフェ
市川 アトリエローゼンホルツ

恒例になりつつアトリエでのフェアリードクターカフェ。
今年も、妖精学講座を開催します。
2016年よりさらにディープに魔法学も絡めて……

06fe4701a2f2741b70954f017831a4f6


5月18日
6月15日
9月21
日
10月15日(特別講座)
11月16日

そして今年のフェアリードクターカフェでは、
お話の小部屋を shineひっそりshine と開催しまいます。
お話会はちょっと敷居が高いな、気軽に妖精のことを話したいな……。
そんな午後の一時に、ぜひ!


時間 午後2時〜3時
席料 1,000円(お茶代込み)

僕の大好きなお話を1つ。もしくは、リクエストがあればそれを1つ。
なにか1つお話をします。
そのお話は、もしかしたら、みなさんの胸の海林にある、
妖精郷への扉を開く鍵になり得るかも知れません。

お話は、とても小さな揺らぎです。
その揺らぎは細やかだけれど、その残響はずっと後まで続くのです。
淡く、蛋白石(オパール)の様な良き隣人たちの足跡を、一緒に辿ってみませんか?
これは、妖精博士からのささやかな贈り物です。


2017年4月18日 (火)

お話の小部屋。

なんだか春の嵐が通り過ぎて、一気に初夏っぽくなってきましたね。
夏がどうしても苦手な僕は、すでに夏バテ気味です。

とはいえ、夏は却って水のありがたさや、
水霊の麗しさが際立つ季節なので大好きではあります。
←空調の効いた部屋で閉じこもりながらw

さてはて。

明後日は、恒例になっております、市川のアトリエローゼンホルツさんでの
フェアリードクターカフェです。

お話会では、なかなか個別にお話出来ないのですが、
カフェだと、好きなだけ彼らのお話が出来ちゃいます。
そして、お話の小部屋では、フェアリードクターの秘密のお話も……。

お話会だと気が引ける。
ちょっと週末予定が……と言う方は、ぜひ、フェアリードクターカフェへ!

ゆったり妖精郷を眺めてみませんか?

--------------------------------------------------------

4月20日(木)
フェアリードクターカフェ
市川 アトリエローゼンホルツ

恒例になりつつアトリエでのフェアリードクターカフェ。
今年も、妖精学講座を開催します。
2016年よりさらにディープに魔法学も絡めて……

06fe4701a2f2741b70954f017831a4f6

4月20日
5月18日

6月15日
9月21
日
10月15日
(特別講座)

11月16日


そして今年のフェアリードクターカフェでは、
お話の小部屋を shineひっそりshine と開催しまいます。
お話会はちょっと敷居が高いな、気軽に妖精のことを話したいな……。
そんな午後の一時に、ぜひ!


時間 午後2時〜3時
席料 1,000円(お茶代込み)

僕の大好きなお話を1つ。もしくは、リクエストがあればそれを1つ。
なにか1つお話をします。
そのお話は、もしかしたら、みなさんの胸の海林にある、
妖精郷への扉を開く鍵になり得るかも知れません。

お話は、とても小さな揺らぎです。
その揺らぎは細やかだけれど、その残響はずっと後まで続くのです。
淡く、蛋白石(オパール)の様な良き隣人たちの足跡を、一緒に辿ってみませんか?
これは、妖精博士からのささやかな贈り物です。

«水辺にて。