妖精郷からの招待状

えーと、石井ゆかりさんの筋トレによると、なにやら山羊座さんは、自分の夢とか、ヴィジョンを分かりやすく話したほうが良いらしいので、ここに書きますね。

僕が、お話を語っているのは、とりもなおさず、妖精たちの寿命を、そして彼らの住む場所を守るためです。

え? ナショナルトラストでもやるの?

そう思われるかもしれませんが、それもまたやりたいのですが、別のお話。

よく素晴らしい自然環境が残っている場所を、市や企業が開発してしまって……なんて聞きますよね。残念でならないのですが、現実としてありますね。

どれだけ素晴らしい史跡や自然があっても、それに対してなーんも感じない人にとっては、荒れ地と同じなんです。妖精砦だってそう。知らない人にとってみれば、ただの土塁。そして瓦礫で作られた円形のナニカ。

妖精や神話というものは、それを知っている、心に刻んでいる人がいてはじめて、この世に具現化できるのです。そう、その人のパーソナルリアリティに浮かび上がってくるんです。


なーんにも感じない人にとったら、そういう場所はただの土地。
彼らを感じる心の潤いや、余裕があってはじめて彼らは、この世にあらわれることが出来る。

ならば、彼らを招くことのできる心を持ってもらうには……

『語るしかねーんだよね、これが』

お話は語り終わると、虚空に消える瞬間芸術です。
語り部が、吟遊詩人が語っている時だけ、そこに存在している。
あとは、ただ物語の残響が、聴く人の胸にさざ波立つだけ。

でも、その残響が、いつか、聞いてくれた人の心の滋養になるだろう。その人の、誰も侵すことのできない、柔らかくて、優しくて、暖かいところを守る見えないバリアになってくれる。
妖精たちは、そこに現れる。僕は確信しています。

妖精たちが訪れることのできる心を持った人が増えれば、今よりもっとこの世はステキになると思っています。喧嘩や戦争、哀しいことはなくならないかもしれないけど、少しは減ると思っています。

だから、これからも、どんどん語っていきます。
もしかすると、今より大きな舞台に立つことがあるかもしれない。
でも、僕の基本は、語り手と聞き手が同じ地平に立ち、間近で耳を澄ませられる小さな、あたたかい、平和な空間での語りです。

なにより、僕は語りをお行儀の良い芸術にはしません。
楽しんでください。笑ってください。しんみりしてください。浮世の憂さを忘れ、一緒に妖精郷を旅しましょう。レプラコーンと一緒に踊りましょう。美しい妖精と恋におちましょう。

僕はその案内人です。
皆さんの胸の海林にひっそりと立つ、妖精郷への扉を指し示めします。
扉は、いつでも開いているのです。

妖精王のお抱え吟遊詩人・高畑吉男

2017年3月22日 (水)

直感と不安。

今日は直感についてお話しようかな〜と思います。

よく直感に従え、直感し正しいって言うでしょ?
自分を騙さず、心の声に従えば、
色んなことはクリアになっていくって言われたりします。

確かに、第六感というか、閃きというか、そういうのって、
(正確なことは分かりませんが)理屈とか、経験則とかとは別のベクトルで、
一足飛びに答えを導き出してくれますよね。

でも、直感って、どれが直感だって分かりますか?
前にも書いたんですけどね、僕ってセーラーネプチューンなんですよね coldsweats01
つまり海王星の影響が強いタイプ。→ミニスカセーラー服ではありません

海王星は幻想や霊感を象徴している星で、その守護があると言うことは、
それだけ勘が鋭かったりするわけですが、なんでも裏と表があるように、
海王星は同時に白昼夢や妄想、麻薬なんかも象徴してるわけでして。
つまり、日がな一日、のべつ幕なしになにがしかの内なる声が聞こえているんです。
ええ。実際に僕がそうだったりします。
とりわけ不安とか恐れってのが大きい。

家を出るときには、鍵かけたっけ!? と何度も何度も確かめたり、
ガスの元栓は!? とバス停と家を往復したり……。
ああ、バス停が目の前で良かったsweat01
確認したら確認したで、泥棒が入ったりしない!? とか思うわけです。
他にも、地震やら、火事やら色々と思い煩うことも良くあります。

もちろん、それはマイナスなところばかりではなくて、
これ似合いそう! と思った服だったりとか、
急いだ方が良い気がして、少し早く家を出て電車に乗ったら、
次の車両が遅れちゃったりして……ということもあります。

でも、それがプラスマイナス関係なく、怒濤のようにやってくるモンだから、
どれが直感か、はたまた偶々勘が当たったのか、もう訳わかんないんですよね。

つか、そもそも直感ってなに!? 

今まで、直感に従った結果……と言いつつ、自分のワガママを正当化したり、
自分って天啓を受ける凄い人なんです! って承認欲求満たすツールにしたり
そーいうのをたくさん見かけてきたから、
直感そのものに懐疑的な部分もあるんですよね。

とはいえ、どんな占いでも、直感が鋭いとか、
色んなモノを垣間見るタイプと言われているし、
(こんな星図してて、占い師じゃないの!? とまで言われましたよw)
なんだかんだ言って、そういうモノはあるだろうと何となく期待しちゃうし……。

てなわけで、実は1年くらいかけて実験してみていたんです!

直感と妄想や不安を、身体的感覚を使って区別できないだろうか。
単純に、下手な鉄砲数打ちゃなんとやらではなく、
動物的な勘というか、危機的回避能力的な具体的なナニかと、
妄想の類いを、もしちゃんと区別できたら、
振り回されることも少なくなって、家の鍵を何度も確認しなくて済むようになる!?

もちろん、記録をつけるとか、そういうガチなモノではなく、
不意に嫌な予感がしたり、不安が広がったときに、身体はどう感じるのか。
そのモヤモヤのようなものは、どこから来るのか、
そして、それが正しかったのか、どうなのかを振り返る。
そいうことを続けてみたんです。

そこで、分かったことなんですが、
単なる妄想や不安の類いは、足下から、広がるように、
染みこむように、染み出すようにやってくるということ。

そして、直感というか、動物的勘は、もっとストレートで、
鮮やかで、身体的に言うと、後頭部(頭の天辺ではない)に、
斜め上から射し込んでくる感じなんです。

妄想はジットリしてて、直感は文字通りフラッシュthunder
後味も残り香もなく、通り過ぎていくんです。
そこが、ジワジワ〜と残り続ける妄想との1番の違いかも知れません。

そう考え(ふり返)ると、直感って、そんなに訪れるものではないんですよね。
もしも、僕が、事件が多発するような地域や、
もっと即断即決を要する仕事に就いていれば別なのかも知れませんが、
すくなくとも語り部の僕には、そうそう必要ないのかも知れませんねsweat01

でも、これがアイルランドに帰省してるときとかには、
ビシバシ降りてくるんだから、不思議です。
もしかしたら、あっちにいる時は、色んな意味でオープンマインドなのかも?

意図的に、そういうチャンネルを開けるようになれば便利なのかも知れませんが、
自在になっちゃうと出会いの妙味がなくなりそうな気がするので、
このままで良いかなーと思ってます。

まぁ、これでヘタに溺れることなく、海王星の海を泳げるってモンです。

Background1621062_1280

2017年3月17日 (金)

フェアリードクターカフェでした!

昨日は、アトリエ・ローゼンホルツでのフェアリードクターカフェでした。
去年は妖精学講座を開催しましたが、今回はお話の小部屋
ちいさな、けれどしても贅沢な妖精時間の詰まった、小部屋です。

17357038_1266115156835145_358104244

ハープを爪弾いて、お話の時間をはじめます。
今回は、先だっての本家帰省の時に印象深かった海にまつわるお話をひとつ。
そして今回は、いわきでも好評だった、チェーンテリングを開催しました。

17356877_1266115160168478_101866474

小道具はアトリエの調度たちと、石英書房さんの石。
そして、参加してくださった方たちのご厚意の品たち。

みなさん初めは戸惑っていた様ですが、ちゃーんとお話を紡いで、
お話を最後まで導いていましたよ♫

語りって、本当は身近で、僕たちの生活に寄り添っているものです。
そう、まるで良き隣人ように。

--------------------------------------------------------

フェアリードクターカフェ
市川・アトリエ・ローゼンホルツ

恒例になりつつアトリエでのフェアリードクターカフェ。
                今年も、妖精学講座を開催します。
2016年よりさらにディープに魔法学も絡めて……


06fe4701a2f2741b70954f017831a4f6

4月20日
5月18日

6月15日
9月21
日
10月15日
(特別講座)

11月16日


そして今年のフェアリードクターカフェでは、
お話の小部屋を shineひっそりshine と開催しまいます。
お話会はちょっと敷居が高いな、気軽に妖精のことを話したいな……。
そんな午後の一時に、ぜひ!


時間 午後2時〜3時
席料 1,000円(お茶代込み)

僕の大好きなお話を1つ。もしくは、リクエストがあればそれを1つ。
なにか1つお話をします。
そのお話は、もしかしたら、みなさんの胸の海林にある、
妖精郷への扉を開く鍵になり得るかも知れません。

お話は、とても小さな揺らぎです。
その揺らぎは細やかだけれど、その残響はずっと後まで続くのです。
淡く、蛋白石(オパール)の様な良き隣人たちの足跡を、一緒に辿ってみませんか?
これは、妖精博士からのささやかな贈り物です。  

2017年3月15日 (水)

祖父のこと、郷里のこと、そして戻ってきた海。

ちょっと祖父の話を続けさせてくださいね。

僕の、祖父との記憶は、ほぼ1つしかありません。
あれは小学校低学年の時、珍しく本家に戻った夏休み。
手持ち無沙汰で、そこに一冊だけあったおとぎ話の本を読んでいたとき、
祖父が不意に部屋に入ってきて
「吉男は本が好きか……?」
と訊ねてきたんです。

僕が「うーん、モノに因るけど、不思議な話は好き」と答えると、
祖父は、ただ静かに、けれど満足そうに頷いたのでした。

これだけです。僕の祖父に関する記憶は。
あとは病床であったり、病院であったりするだけで、
会話らしい会話はしていないのです。

ただ、頷いた祖父の横顔が鮮明に残っているのです。

そして本家との縁も同じように希薄で、数えるほどしか戻っていません。
けれど、なんとなく、本家の近くに広がる海の色だけは、
忘れることはありませんでした。

そして、過日。祖父の25周忌で、それこそ25年ぶりに本家に戻りました。

その時、母は何度も何度も、郷里の海が奇麗かを口にしました。
もちろん、その話は、いままでに文字通り耳タコでしたが、
しみじみと、そうだなぁ、と入り日の海を見ながら思いました。

僕の育った街も、本家と同じく海に近くて、いつも潮風を感じていたけれど、
本家のそれは、より深い色をしていて、雄々しく、鷹揚としています。
もしかしたら、僕が育った海に思い入れがあまり持てなかったのは、
生まれる前から、この海のことを愛していたからかも知れません。
アラン諸島にも似た、碧ではなく紺。爽やかさよりも、深さを湛えた海。

今まで、大きな流れの中で、独立していた『僕』が、
大きな潮の流れに乗った、戻った気がしたのです。

それは、僕以外の人にとってみれば、どうでも良いことだと思います。
けれど、僕には、とても意味深い、そして大きな深化なのです。

Umi


明日は、アトリエローゼンホルツさんでのフェアリードクターカフェです。
2時から、お話の小部屋があります。
そこで、僕の1番好きな、海のお話をしようかな。

--------------------------------------------------------

昼前から閉廊まで、ハープを爪弾いてます。
去年は、ミニ妖精学講座を開催しましたが、今回は

お話の小部屋を開催します。

Fairyhouse

時間 午後2時〜3時
席料 1,000円(お茶代込み)

僕の大好きなお話を1つ。もしくは、リクエストがあればそれを1つ。
なにか1つお話をします。
そのお話は、もしかしたら、みなさんの胸の海林にある、
妖精郷への扉を開く鍵になり得るかも知れません。

お話は、とても小さな揺らぎです。
その揺らぎは細やかだけれど、その残響はずっと後まで続くのです。
淡く、蛋白石(オパール)の様な良き隣人たちの足跡を、一緒に辿ってみませんか?
これは、妖精博士からの細やかな贈り物です。

2017年3月14日 (火)

フェアリードクターからの贈り物。

実は、本家に帰っておりました。
とある県の、山と海の美しいところです。
祖父の25周忌だったんです。
これで、祖父の供養はひとまず終わったことになるそうです。

最近になって、祖父のことを聞く機会がふえました。

祖父は、戦前から海外によく渡航しており、もし戦争がなければ、
きっと海外に住んでいただろうと言うこと。
実家には、マンハッタンのビル群を背景に、船長姿の祖父の写真があります。
芸事を好み、穏やかな人だったそうです。
そんな祖父の趣味は、活弁だったそうです。
無声映画で講釈をつけるアレです。

そういうわけで、僕自身は、年齢的なこともあり、
それほど関わりがあったわけではないのですが、
親族が集まる度に、僕が1番、祖父に似ているといわれます。

もしかしたら、僕のやっていることは、祖父の夢でもあるのかも知れません。

さて、そんな僕事はさておき、
今週木曜日に、市川のアトリエローゼンホルツさんで、
フェアリードクターカフェを開催します。

昼前から閉廊まで、ハープを爪弾いてます。
去年は、ミニ妖精学講座を開催しましたが、今回は

お話の小部屋を開催します。

Fairyhouse

時間 午後2時〜3時
席料 1,000円(お茶代込み)

僕の大好きなお話を1つ。もしくは、リクエストがあればそれを1つ。
なにか1つお話をします。
そのお話は、もしかしたら、みなさんの胸の海林にある、
妖精郷への扉を開く鍵になり得るかも知れません。

お話は、とても小さな揺らぎです。
その揺らぎは細やかだけれど、その残響はずっと後まで続くのです。
淡く、蛋白石(オパール)の様な良き隣人たちの足跡を、一緒に辿ってみませんか?
これは、妖精博士からの細やかな贈り物です。

2017年3月 8日 (水)

草木百花との。

こういう内容を、こうやってブログにあげることを少し躊躇って
何度も書いては消ししたのですが、
ここ暫く結局は原点に返るってのがキていたので、もーいいやと思って書きますw

まぁ、もともと僕は草木百花の精(と僕が感じているナニか)と縁があるのは、
肩書きを見て貰っても分かるのですが、
時々、その百種のなかでも、とりわけ強い縁が結ばれるときがあります。

最初は月下美人、ついで金木犀。今はスミレです。

この縁は永続して結ばれ、累積する、というモノではなく、
ある時期を過ぎると、緩やかに遠ざかり、上書きされていきます。
つまり、時期によっては、なにとも強く結ばれていないこともあります。

結ばれていることのなんのメリットがあるか、と言えば
大したこともなく、花時が分かったり、どこで咲いているか、
どこにいるか、が分かる程度です。

それは引き寄せ、自分が好きだから、そう思うのでは? と言われそうですし、
僕もそういうモノの派生なのかな? と思ったりするのですが、
自転車を走らせているとき、不意に呼ばれ、ハンドルを切ると、
しっかりと、軒下に月下美人の鉢植えがあったりしたことが、
数えられないほどあったのですから、ただの思い込みとは少し違う気がします。

その辺を脳科学や心理学なんかで分析しちゃうと、
無味乾燥とした面白くもない結果になるので、
どうして? なぜ? はあまり追求しないようにしています。

ただ、あー繋がったな、結ばれたなーと言うときは、ハッキリと分かるんです。
よく胸に風が吹いたような、という表現がありますが、
胸の暗闇に、フワッとその花が咲きます。
それはなによりも美しく、香りなどを伴うのです。

そろそろ路地にスミレが咲き始めました。
僕にとって、おそらくこれからずっと結ばれたままであろう、
もう上書きされないであろう花です。

17097150_1367073713353793_157318201

2017年3月 6日 (月)

占い。

皆さん、占いって好きですか?僕は好きです。
→自分でもカードを引くくらいですしね。

恋愛運、金運、仕事運、色々とありますよね。
でも、僕が占って貰うことは、だいたい決まっているんです。

『食いっぱぐれない?』と『才能を巧く使えてる(今の仕事は天職)?』

ほぼ、この2つです。

そして占いというのは、実は、短期間、中期間、長期間と言うふうに
得意な期間別に、三種類あります。

カードやタロットなどは短期間、手相や人相などは中期間。
そして、人生や出生時などは気学や占星術が得意なのです。
→かなりザックリですw

なので、僕は、前述の2つを訊ねるとき、割と中期、長期、
その両方の占術家の方に、お願いします。

中期は、手相の観心
長期は、観心の気学の先生でもある榎本さん
そして、今回、ホロスコープとカバラ数秘をプラスしてみようと思い、
梓真さんに依頼してみました〜!

才媛でもある彼女とは、観心との共通の友人で、
時々、色々と深い(端から見てると???な)話をすることがあったり、
僕の会にも来ていただいたりと、話が早い、というのもありました。

いやぁ、素晴らしい鑑定でした!

資料と知識に裏打ちされたシッカリとした見立てと判断に
あー、なるほどねー、だからか〜と膝を打つこともしばしば。

おいちゃん、セーラーネプチューンだったのか!

いやおい待て、と言われそうですが、そういう事なんですねぇ。実は。
安心してください、ミニスカセーラー服は死んでも着ませんから(^^;

さぁ、腕の良い3人の占者さんからのサポートを受けて、
これからも、妖精郷を旅しますよ〜。

☆上記のお三方は、みなさん人柄も信頼できる方たちで、鑑定依頼も受付中です。
もし、ピンとこられた方はぜひ〜。

6395

竹取の翁の物語。

昨日はアトリエローゼンホルツさんで竹取物語でした。

前々からお話していましたが、今回はなんとお琴の佐藤歌音さんの演奏つき!

17098133_1365202843540880_566701121

歌音さんの準備もバッチリ。
お琴は、幼い頃が馴染みがあるのですが、ここまで間近というのは久しぶり。
うーん、やっぱり糸ものは良いですねー。
なにより、自分で演奏しなくて良いのは楽だ〜。 →そこか!?

Image1

ほほほほほ。ハープではなく、古典のお話会恒例の舞扇。

竹取物語は、日本人なら誰でもと言って良いほど有名なお話です。
けれど、原典とも言える竹取の翁の物語を読んだ人は少ないかも知れません。
僕も、学生時代に読んだきりで、この会に向けて久しぶりに読み直しました。
やはり紫式部をして物語の祖(おや)と評されたこの物語。
本当に語り甲斐がありました。

Image3

素敵な演奏を聴かせてくれた佐藤歌音さん、ありがとうございます。
次は……源氏物語!? さて、どうでしょー。

2017年3月 4日 (土)

いよいよ明日……!

いわきへの興奮冷めやらぬままですが、いよいよ明日は

竹取物語 この世で最も麗しく高慢な美女のお話

です!

はい、副題は、いま勝手に付けちゃいました bleah

ほとんどの方が、中学校の時に古典の授業で習ったかと思うこの物語の始祖。
改めて、何度も何度も読んで、自分の中で醸して、醸していくうちに、
なよ竹のかぐや姫という女性が、僕の傍らにいる様な気さえしてきました。

はて? なぜだろう……と思っていたらば、
僕の中でかぐや姫は山口小夜子さんのイメージなんですねー。

ああ、なるほど。そりゃ馴染みがあるわなぁ。
僕にとって彼女は最高の美女なのです。
彼女のイメージが、スパイスとなって僕の中で芳しく立ち上ってきます。

さぁ、明日は、どんなかぐや姫が立ち現れるか。
そこに、どんなスパイスが香るのか。乞うご期待ですよ〜。

1409shiseido48

いわきでのお話会でした。

昨日は福島県は、いわきでお話会でした。
そう、天使の森の佳子さんの企画です。
場所は前回に引き続き、美味しいパンのサン・ミシュルさん
そこの喫茶ブースを借り切っての会です。

17021981_350240032036513_4535886838

楽しく美味しく、会は進んでゆきました。

17021675_350326845361165_6910461037


午後の柔らかい日射しの中で、僕の演奏も少しは上手く聞こえるかなぁ。なんちて。

そして今回は、佳子さんが読み聞かせをしていると前々から伺っていたし、
参加者の皆さんも、きっとそういうのお好きだろうなぁと思い、
唐突にですが、チェーンテリングをやってみることに。

17098161_800751870075574_2549527093

アトリエでも使った魔法陣の上に、クリスタルと共に、
参加者の皆さんの持ち物を乗せて貰い、それを好きに使ってお話を紡いでいきます。

このチェーンテリング。実は、僕も主催者になっているお話の小屋で
毎回行われているアクティビティなんです。

ビックリしたり、考え込んだりする方もいましたが、
それでも、皆さん上手に語ってましたよ!

もちろん、パンも美味しかった〜。僕はここのリンゴのパンが好きです。

17022049_350240102036506_8388626555

前日に、友人に「明日はいわきに……」と話したら、
もうそんな時季か〜と返されました。

そうなんですよね。毎年恒例になっています。もう5年。
そしてあの日から6年経つんですね。

もう6年。まだ6年。

佳子さんは、「今年は、あの日の日付より前に、来て欲しかったの」と仰いました。

僕の語りにどれだけの事が出来るか分かりませんが、
それでも、彼らの力を信じて、語っていこうと思います。

2017年2月26日 (日)

月の姫は、何を想う? 竹取物語。

二月もそろそろ終わりですね。
三月は、引っ越しや進学など色々と慌ただしいのですが、
僕にとっては、散策とサイクリングの季節です。
今日も、武蔵野をブラブラしてきました。気がつくと川崎まで来ていました coldsweats01

さてはて、そんな三月ですが、久しぶりの古典お話会があります!

竹取物語って、たぶん、日本人なら知らない人はいないと思います。
けれど、原典、解説を読んだ方というのは、あまり多くないのではないでしょうか。
物語の祖とされ、シンプルながらも想像力をかき立てる展開。
なにより、美しいガジェット……。

はじめて聞いた幼稚園の頃、その美々しさに魅せられました。
蓬莱の玉の枝って? 火鼠の皮衣って?
なにより発光する美しさって?

そんな想いを込めて、語らせて貰おうと想います。
しかも今回は、佐藤歌音さんのお琴の演奏も聴けますよ!

ぜひ、一緒に雅で美しい世界を旅しましょう〜night

3月5日
竹取物語
                  
市川・アトリエローゼンホルツ
       

k
               

今は昔、竹取の翁といふ者ありけり……
日本最古の物語と言われる竹取物語。
誰もが知っているお話を、
より美麗に、より高飛車に語ります。
こんなかぐや姫見たことない!? 乞うご期待!

3月5日(日) 13~15:00
飲み物とお菓子付き3,500円(予約制)
お問い合わせは
アトリエ*ローゼンホルツ
市川市真間2-2-12
09018088911
licht@jcom.zaq.ne.jp

» 続きを読む

«巨人のシチューハウス with 高野陽子さん、無事終了しました〜