« 女王と美男と水竜と。 | トップページ | お話会 with ホンダーネ in 物豆奇、無事終了しました〜。 »

2017年2月10日 (金)

今日は物豆奇さんです!

昨日は都内でも雪、みぞれ。
毎年、この時季は、冬将軍の置き土産がありますね。
日本海側の西日本の皆さんは、どうぞお気をつけてください。

さて、今日は、西荻窪の物豆奇さんでホンダーネさんとのお話会です。

0

先だって、市川のアトリエローゼンホルツさんでのお話会でも、
このリーフレットを配布させて貰ったのですが、
その時、え!? 物豆奇さんでやるの!? いいねぇ〜!
との声を頂きました。はい、本当にステキな所なんですよ。
まだお席が若干名あるよう……ですので、ぜひ会社帰りなどに
素敵な音楽と空間に身を浸してみませんか? 
→語りはどうした!?

話は変わり……
よく訊ねられるのですが、アイルランドの詩人でどなたが好きですか?
現代作家ではどなたがお好きですか? 

ごめんなさい、アイルランドの現代作家も、詩人もそんなに詳しくありません。
現役の詩人であり、担当教官であるD氏の詩は好きですが……sweat01

じゃあ、詩とか好きじゃないのか? と言えば、さにあらず。
李白と在原業平、そして小野小町が一等好きです。
おいおい、東洋かよ、古典かよ! と声が聞こえてきそうですが、
こればっかりは仕方がありません。
アイルランドに帰省していて、地ウイスキーを頂いているときも、
ふと浮かぶのは李白の将進酒ですし、
言葉が通じなくて、フギギとなっているときに浮かぶのは在五中将の和歌です。
花を見れば……ね。

たぶん、僕の語りというのは、そういう部分が大きく反映されているのかな、
と最近は自己分析をしたりしています。

僕は日本語で、日本人として、妖精譚を語っていて、
聞いてくださっている人も日本人なのです。
もちろん、遠い西欧の国々の妖精譚なので、
軸足はそちらにあって然るべきなのですが、
そのスパイスとして和歌や漢詩が入り込むのが、
また楽しいのかな、と思ったりしています。

« 女王と美男と水竜と。 | トップページ | お話会 with ホンダーネ in 物豆奇、無事終了しました〜。 »

妖精博士の日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1556201/69550098

この記事へのトラックバック一覧です: 今日は物豆奇さんです!:

« 女王と美男と水竜と。 | トップページ | お話会 with ホンダーネ in 物豆奇、無事終了しました〜。 »