« 聖徳大学での講座と、そして。 | トップページ | 夢見るチカラ »

2017年5月19日 (金)

フェアリードクターカフェでした。

昨日は市川でフェアリードクターカフェでした。
もう恒例になったお話の小部屋では、
少し趣向を変えて、アイルランドではなくスラヴの民話を披露させて貰いました。
ミュシャのスラヴ神話が全編公開されていることもあり、
みなさん、かなりの熱量で聞き入ってくれました。

旧ソ連あたりは、政策もあり長らく外に出てこなかったと言います。
けれど、アイルランドの妖精譚と同じく、民間でしっかりと語り継がれてきた。
それらにやっと日が当たり、研究が進んでいます。

うん。スラヴのお話に登場する良き隣人たちは、
アイルランドとはまた少し違っていて、けれど同じくらい魅力的です。

もちろん、僕はアイルランドのお話が大好きなのですが、
これからは彼らとも仲良くしていこうと思っています。
乞うご期待です♫

18596652_1338487089597951_200691480

神棚の下で演奏〜。

そして、今回のお菓子はなんと、アトリエのオーナーさんの手作り!
銘菓『吉男の頃』とお抹茶です。
←彼らの色のしたにある手作り餡子が腹黒く透けてて良いw

Image2_2


そして、こちらもオーナーさんデザイン?の鹿威し。
循環タイプのものですが、メダカちゃんもいますよ。
水霊への祈願と言うことで、フェアリードクターのお仕事もさせて貰いました。

Image1

そんな素敵なアトリエでの次は〜

--------------------------------------------------------

6月4日

シリーズ・石を彩る妖精譚                   
市川・アトリエローゼンホルツ

               

i

妖精譚、そして隣人たちは、
鉱物と強く結びついてる事があります。
竜は黄金を。ドワーフは鉱脈に。
フェアリードクター独自の目線で、彼らのお話を語ります。

               

2月5日 竜の心臓の石                        
6月4日 妖精の籠の石     
10月1日 草木を育む母なる石  
12月3日 オーロラの落とし物の石
               

全て日曜日 13:~15:00
飲み物とお菓子付きで3,000円(予約制です)
ご予約は090-1808-8911(佐藤)まで

               
◇               

フェアリードクターカフェ
市川・アトリエ・ローゼンホルツ
                   
恒例になりつつアトリエでのフェアリードクターカフェ。
今年も、妖精学講座を開催します。
2016年よりさらにディープに魔法学も絡めて……

                                    
               

c

 
6月22日

9月21
日
10月15日
(特別講座)
11月16日

                  

そして今年のフェアリードクターカフェでは、
お話の小部屋を shineひっそりshine と開催しまいます。
お話会はちょっと敷居が高いな、気軽に妖精のことを話したいな……。
そんな午後の一時に、ぜひ!

                   
時間 午後2時~3時
席料 1,000円(お茶代込み)
   

僕の大好きなお話を1つ。もしくは、リクエストがあればそれを1つ。
なにか1つお話をします。
そのお話は、もしかしたら、みなさんの胸の海林にある、
妖精郷への扉を開く鍵になり得るかも知れません。

お話は、とても小さな揺らぎです。
その揺らぎは細やかだけれど、その残響はずっと後まで続くのです。
淡く、蛋白石(オパール)の様な良き隣人たちの足跡を、一緒に辿ってみませんか?
これは、妖精博士からのささやかな贈り物です。

« 聖徳大学での講座と、そして。 | トップページ | 夢見るチカラ »

妖精博士の日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1556201/70609584

この記事へのトラックバック一覧です: フェアリードクターカフェでした。:

« 聖徳大学での講座と、そして。 | トップページ | 夢見るチカラ »