« ゴールウェイ大アイルランド語コースについて。生活編 | トップページ | ゴールウェイ大アイルランド語コースについて。総括。 »

2017年9月 1日 (金)

ゴールウェイ大アイルランド語コースについて。学校編

さて、今日は、いよいよ本題の授業についてです。

開講日に、ゴールウェイの中心部にある、ゴールウェイ大に集まり、
簡単な手続きの後、バスでキャラローのアカデヴに移動。
そのままオリエンテーションとなり、クラス分けが行われます。
テストなどがあるわけではなくて、自己申告制で、
エレメンタリー(入門)、ビギナー(初級)、
インターミディエイト(中級)、アッパー(上級)の4クラスが基本編成。
だいたい、ひとクラス10人前後。
もちろん、途中で、移動することも可能です。

次に、ザッと1日の予定を書きますね。

9:30  1限目
11:00  休憩
11:30  2限目
13:00  昼休憩(食堂にて)
14:00  3限目
15:00  休憩
15:15  4限目
16:00  学科終了
18:00  夕食(各ステイ先にて)
20:00  アクティビティ、もしくはレクチャー

となってます。
はい、ずんなり勉強ですね〜。
これが1ヶ月続くわけですが、もちろんお休みの日もあって、
土曜日は基本的に、校外学習として、近隣の史跡などを訪ね、
日曜日は全休となっています。

さて、授業内容なのですが、クラスによって、
つまり講師によってかなり速度というか進め方が違うのですが、
まぁ、日本で言うところの英語の授業って感じでしょうか。
文法を習ったり、ちょっとした遊びめいたスタイルもあり。
ビギナーで有れば有るほど、楽しく内容が多くなると思います。

ですが、ココで注意点!
すべての授業は、基本英語で進みます
(今年参加したアッパーは英語アイルランド語半々でしたが)。

英会話なら少しは……と言う方も多いと思いますが、
文法などの専門用語もたくさん出てきますし、
なにより英語圏の人向けの授業なので、日本人のことはお構いなしです。

いや、もちろん、気を使ってくれるのですが、
それでも言葉の壁って存外に分厚くて大変です。

それに、アイルランド語↔日本語の辞書も、アプリもなく、
アイルランド語→英語→日本語の2回翻訳が課せられるので、
頭脳疲労もかなり溜まります。
またアカデヴの授業は、わりと文法寄りですので、余計に……。

ですので、お勧めしたいのは、
日本で発売されているアイルランド語の教本を持参すること。
授業内容を、その場で教本と照らし合わせると、かなり二度手間が省けますし、
やはり英語を挟まない方が、スムースに理解出来ます。
帰宅後の復習にも大活躍です。

現状2冊出版されていて、どちらも、このキャラローを中心とした方言が
ベースとなっているので安心です。
☆アイルランド語には標準語はなく、地方によって綴りや発音、
文そのものに大きな違いがあるのです。

1)ニューエクスプレス アイルランド語(CD付)

2)アイルランド語文法 コシュ・アーリゲ方言 Learning Irish

1の方が簡単で、インターミディエイトまでならこの1冊でOK。
2は、かなり難しくアッパー向けです。

1日の授業時間もさることながら、1ヶ月という長丁場。
なかなかに大変ですが、気負わず、自分のペースで進めることが肝ですし、
1ヶ月を過ぎれば、簡単な会話も出来るようになりますよ。

最後に。
2週目から、毎週木曜の午後はテストが行われます。
筆記ではなく、口頭試問形式のオーラルテストで、
これをすべて受けると、グレードが交付されます。
アカデヴ自体がアメリカやカナダの大学の単位認定コースに含まれているので、
生徒の殆どは大学生で、みんなAやB判定を望んでいて気合いが入ってます。
特にテスト前や順番待ちの時はかなり緊張していますね〜。
→ちなみに僕はすべてA判定でした〜。ちょっとだけ自慢♫
というか、真面目に授業を受けていれば、C判定とかまずないと思いますよ(^^;

20525586_1518162884911541_316229896

アッパーでの授業風景。
先生が出題した問題を解いて、各自ホワイトボードに。
その後、みんなで正誤確認していくという流れ。

« ゴールウェイ大アイルランド語コースについて。生活編 | トップページ | ゴールウェイ大アイルランド語コースについて。総括。 »

アイルランド帰省 2017」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1556201/71586844

この記事へのトラックバック一覧です: ゴールウェイ大アイルランド語コースについて。学校編:

« ゴールウェイ大アイルランド語コースについて。生活編 | トップページ | ゴールウェイ大アイルランド語コースについて。総括。 »