« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年11月

2017年11月27日 (月)

今年最後の市川でのお話会です。

アイルランド語講座も終わり、ユルユルと講師の仮面(ガラス!?)を外し
今週末は、いつものように妖精譚の語り部、妖精博士のお仕事です。

もう今年も12月、あと1ヶ月なんですねー。怖い怖いsweat01
今回のシリーズ石の話も、ココで一端終了。
来年もまた新たなシリーズを予定しています。
ココだけのお話『美味しいお話』になるかも!?

最近、考えることが多くてw
特に、考えるのは今後のこと。
どんな風になりたいか、仕上げていきたいか。

僕が目指すのって、やっぱりその土地に根ざした、
土と風の匂いを感じる語り部であり、妖精博士です。
単にお話を知っている、詳しいっていうんじゃなくて、
その背景だったり、文化の精神をしっかり押さえていきたい。

例えば、日頃は畜産とか漁業に従事していてるけれど、
実は、代々妖精博士の家柄で、覚えよう、と言うのではなく
おばあちゃんから聞いた話を思い出すかのように訥々と語り、
母が昔弾いてた竪琴なんだけどね……と言いながら野太い指で爪弾く感じ。

そんなのが良いんですよね。
背後にその土地を感じられる語り手になりたいなぁ。



12月3日

シリーズ・石を彩る妖精譚                   
市川・アトリエローゼンホルツ

      

i

妖精譚、そして隣人たちは、
鉱物と強く結びついてる事があります。
竜は黄金を。ドワーフは鉱脈に。
フェアリードクター独自の目線で、彼らのお話を語ります。

               

2月5日 竜の心臓の石                        
6月4日 妖精の籠の石     
10月1日 草木を育む母なる石  
12月3日 オーロラの落とし物の石
               

全て日曜日 13:~15:00
飲み物とお菓子付きで3,000円(予約制です)
090-1808-8911(佐藤)
               

☆この日は、お話会の後、伝説の「スナック赤サソリ」が開店します。
持ち寄りでみんなで騒いじゃいましょう〜。うひひ

2017年11月26日 (日)

アイリッシュ・ラボ、無事終了しました〜。そして!

今日は、高円寺のヒトツナさんでアイリッシュ・ラボでした!
前回のアイリッシュ・ラボが平日開催だったので、今回は休日に。

このラボは、いつもの妖精譚とは違って、アイルランド語を中心に、
アイルランドのことをアレコレお話しするという会。
(内容は前回と同じでしたよ)

24139953_1529622073817784_35090141

ちょっとは先生っぽいですか?

難しい難しいと言われるアイルランド語ですが、
発音や考え方にチョットしたコツがあって、それを押さえれば
ちゃーんと分かるようになるんです、話せるようになるんです。

そしていつもながらお世話になっているヒトツナの國松さん手作りのコレ!

24093705_1529622087151116_30755876

アイリッシュハープの形のクッキーと、ギネス風味のチョコ! 
ありがとうございます〜。

24167283_1529622107151114_66329128

 

次回は来年1月21日(日)と翌日22日(月)で第2回目でレジュメを進めます!
☆詳細はもう少しお待ちくださいね
最後はみんなで簡単な歌とか歌いたいなぁ〜。

2017年11月21日 (火)

Féile Mhór 大阪、無事終了しました〜!

もうこの時季の繁忙期のクライマックスと言えるのが大阪遠征。
しかも今回は、愛日国交樹立60周年記念イベントです。
これは盛り上がらせないと! ということで、
東京に引き続き、関西がホームの旅する歌い人・高野陽子さんと
紅茶をこよなく愛するHarper's Cafeのクミさん、かずこさんに
共演をお願いしました〜。

いやもうね、お三方、特にHarper's Cafeさんには奔走いただき、
当日は神戸で有名な焼き菓子のお店・アンダーグランドさん
アイルランドにちなんだ焼き菓子ポーターケーキを提供することが出来ました〜。

←お菓子の画像はマルッと食べてしまったので、ありません。ごめんなさい。
 だって美味しかったんですもの!

さてはて。
毎年大阪でお話会を開いておりますが、話芸の本場、笑いの本場。←?
ヘタなことは出来ません。
いつも以上に気合いを入れて、いつも以上にリラックスして望みました。

その結果がこれ。

23621220_1617773588283803_62475988

いやいや、夫婦漫才じゃねーから!
まぁ、よく言われるんですけどね。ヨーコちゃんとの掛け合いが絶妙だって。
でもねー、それって、支えてくれるヨーコちゃんが居るからなわけで
僕だけが話すと、まー話題は飛ぶし、天衣無縫な話の迷宮へ〜なワケです。

とまぁ、会は終始和やかに、笑いと時にシリアスに。

Osk1

クミさん、かずこさんの笑顔も素敵だは〜。
本当に、この3人で登壇するときは、全く不安も危惧もなくて楽しいんです。
←己の技術的なことは不安だらけだけどな!

アイルランド語の歌、舞曲、そして聖パトリックに纏わるお話。
アイルランド語でのちょっとしたスピーチなんてのも飛び出して、
会は盛況の内に幕を下ろすことが出来ました。

Osk2

ヨーコちゃん、クミさん、かずこさん、本当にありがとうございます!
もうね、この4人でユニット名つけちゃう!? ってくらい感謝しきりです。

また近いうちに4人でナニカできたら良いな〜。

2017年11月12日 (日)

源氏物語、夕顔の帖、これにて!

今日は年に一度の日本の古典を語る会でした。
もう何回目なんでしょうね、この会は。
アトリエローゼンホルツさんだけでの会で、伊勢物語、小野小町とやってきて、
今回は、とうとう古典界の至宝、源氏物語を……。

いやはや参りました。
語れないとかいうのではなくて、本来54帖ある光の君の一代記。
←もちろん宇治編もありますよ。
アイルランドのクーリーの牛争いもそうなのですが、
長編と言うことは、人間関係が綾織りになっていて、
ダイジェストにするとその織り目が解けてしまうと言うこと。
しかも今回は夕顔を抜粋しての語りです。
さてどうしたものかsweat01

しかも、これだけの大作ですから、僕なんかよりもっと詳しい方も、
なにより愛されている方も多いのです。

さてはてどうしたものか。
一気に書き上げたものではなく、
どうやらいくつかの時期に別けて仕上げられた長大な物語。
書かれている場面、書かれていない場面にバラツキがあるのも仕方の無いこと。

と言うわけで、原典を元に、底本を田辺聖子さんの新源氏物語として
そこに僕のテイストを忍ばせて……。

Img_3466

僕の思うなよやかさ、そして年上の女性の情念。
その間で揺れる豆男であるがゆえの救われぬ源氏の君。

語り終わり、少しは表現できたかな、と思ったりしています。

そして今回は、夕顔に加え、源氏物語に関わり深い組香遊びを一緒に。

Img_3464

本来は香木でやるのですが、今回は違いの分かりやすい練り香で。
三種香で二巡して、アトリエに馥郁とした香の香りが満ちました。

源氏物語と組香。

初冬の1日に、少しは典雅な時間をご一緒できたかな、と思います。

もちろん、アトリエの真里さんの素敵なお菓子も。

Img_3463

猪の子餅に宇治抹茶のプリン黒糖がけ。
いつもありがとうございます。

次の古典は、やっぱり伊勢物語かな。

2017年11月 9日 (木)

源氏の香りにのせて。

人には1年のうちに特別な日があります。
誕生日だったり、結婚記念日だったり。

僕にもそんな日がもちろんあって、
その1日が今週末のアトリエローゼンホルツさんです。

日頃語る西欧の妖精物語ではなく、爪弾く竪琴もなく、
ただ扇をひらめかして語る古典、日本の物語。

伊勢物語、小野小町ときて、いよいよ今回は源氏物語。
日本文学史上の最高傑作を語らせて頂きます。

もちろん、数多の愛好家のいる源氏物語。
僕がそれを語るにはあまりにも実力不足。
ですので、今回も「ヨシオ流」とまいります。

色香、手練手管を駆使して語る古典の妙味。
今回は香の遊びも組み込んで……夕顔を語ります。

y

11月12日(日)13:00~15:00 
参加費 3,000円(お菓子お茶付き)

お問い合わせ、お申し込みは市川・アトリエ・ローゼンホルツまで

2017年11月 7日 (火)

魔法をかける。

週末開催したFéile Mhór 秋の大祝祭。
自分で全力を出せたかな? と思うのですが、
そんな中にあってつらつらと考えることがあります。

それはハープ。
そう竪琴です。

戸越銀座の巨人のシチューハウスで行われたシャナキー・ナイト。
そこで高野陽子さんの歌うダニーボーイに合わせてハープを弾く……
筈だったんですが、出だしで躓いてしまって、
たまたま居合わせたHarpre's cafeのクミさんにバトンタッチしたんです。

いきなりのことと、弾いたことの無い僕のハープにもかかわらず、
さすがのクミさんは、綺麗に伴奏を務めてくれました。

ありがとうございます、クミさん!

その時につくづく思ったのですが、弾ける人が楽器を手にすると、
本当に楽器は歌い出すなぁって。

ああ、僕は自分の楽器を全く弾きこなせてないなぁ。
相棒のチカラを全然引き出せてないなぁ。

じゃあ、もっと弾けるようになったら? 練習したら?
と言われそうなのですが、幸か不幸か、
僕は竪琴よりも先に良き隣人に魅入られています。

翌日のHarpre's cafeさんと、アコーディオンの藤野さん、
そしてハーパーの梅田さんのライブを観に行きました。
とても素晴らしい演奏で、あっと言う間の2時間でした。

ああ、彼女たちは楽器で魔法をかけるんだなぁ。
音符とともに、時間に、空間に、人にかけられてく魔法。

僕は、語りと、良き隣人たちの軌跡で魔法をかけます。
それが僕の領分。僕のチカラなんだなぁと改めて思いました。

2017年11月 5日 (日)

Féile Mhór 東京 無事終了しました〜!

秋晴れの昨日、東京は日野のクレアさんで
Féile Mhór 東京を開催しました!

23262054_1508209929292332_162146589

色づきはじめた木々の葉と、秋バラがとても美しいクレアさん。
音楽とお話にはピッタリです。
今回の大祝祭をご一緒してくださるのは、もうお馴染みとなりましたこの二組。

Image1

旅する歌い人・高野陽子さん
そして、Harper's Cafeのカズコさんとクミさん

どちらも関西からの出演です。

もうね、この3人演奏は、僕が太鼓判を押す実力派なんです。
叙情たっぷりに歌いあげる陽子さんに、抜群の安定感をほこるカズコさん&クミさん

いやもう、いつもながら安心安全ですよ。←ALSOKか?

Image1_2

ほぼ僕は弾いていないというか、弾く必要は無いというか(笑)。
だって、こんなに素敵な楽士さんたちがいるならお任せして
僕は本領の語りで魔法をかけた方が良くないですか、ねぇ? 

というわけで、今回はちょっと長めのお話と与太話を散りばめて。

23131547_1418121215001315_325930782

有り難いことに、満員御礼の中、クレアの山崎さんのご厚意で、
なんとアイルランドグッズのくじ引き大会なんてのもあったりして、
会は和やかに、そして温かく進んでゆきました。

けど、なぜか僕が語りはじめるとそれまでの秋晴れが嘘のようにかき曇り
冷たい雨が降り始めて……いやいや、なんでよ!
そりゃ伝説の吟遊詩人たちは言葉で天気を左右出来たというけども……(^^;

無事に幕を下ろすことが出来たFéile Mhór 秋の大祝祭。
次は18日の大阪です! さぁ、気合い入れるぞ〜。

C2017

今回も思った事。
ああ、語りのハープと、演奏のハープは違うなぁと。
何度も何度も呟いて、書いているのですが、
演奏家の人たちと一緒すると、いつも思います。
もちかしたら、近いうちに、ハープを持ち替えるかも……。

2017年11月 3日 (金)

シャナキーナイト at 巨人のシチューハウスでした〜。

昨日は、戸越銀座の人気店・巨人のシチューハウスでのシャナキーナイトでした。
もちろん、ご一緒するのは旅する歌い人・高野陽子さん

毎年この時季に呼んで頂けるようになってどれくらい経つんでしょうか。
そして陽子さんとのセッションも何回目?

というくらい馴染んだ場所と人です。

今回は、ハロウィン直後ということもあり、
ハロウィンが題材になっているお話や与太話をセレクト。
特に大好きな妖精王のお話をさせて頂きました。

どうにも僕は話し始めると泊まらなくなる質で、
ああ、もっと陽子さんに歌って貰えれば良かったなぁと思ったり、
前半でちょっとしたアクシデント?があったりなんかしましたが、
最終的には、概ね好評だったのでは? と思います。

20171103_142602


そして明日は、いよいよ秋の大祝祭 Féile Mhór 第一弾東京編です!
お席が若干名在るようなので、興味のある方はぜひ!

C2017

そうそう。今夜、明日ご一緒するパーパーズカフェさんが、
高円寺のぽれやぁれさんでライブをやります。
ぼくもこっそりお邪魔するので、来られる方はぜひ〜。

2017年11月 1日 (水)

聖徳大学本科でお話会でした〜。

Oíche Shamhna(イ・ハウナ……ハロウィンの意)過ぎて、
いよいよ繁忙期も山場です!

そして今日は、生涯学習でお世話になっている聖徳大学本科でのお話会でした。
いやはや、女子大生の前で語るというのは、ある意味貴重な体験かも。
2回目となる本科での語りですが、呼んでくださる松村先生には感謝です。

お話、語り、ライヴというのは、
機会が無いとなかなか触れることは出来ないものかも知れません。
そして同時に、一見、生活に必要ないと思えてしまうもの。
けれど、やはり語りや物語る文化というのは、
なかなかどうしてしぶとくて(笑)、僕らの生活に寄り添っているものです。

切っ掛けはなんでも良いんです。
物語を楽しいと思ってくれれば。
それが僕の語りであったなら、こんな幸せなことはありません。

というわけで……、明日は戸越銀座の巨人のシチューハウスさんで、
高野陽子さんとセッションです。嬉しいことに満席とのこと。
さぁ、明日も語るぞ〜♫

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »