« Féile Mhór 東京 無事終了しました〜! | トップページ | 源氏の香りにのせて。 »

2017年11月 7日 (火)

魔法をかける。

週末開催したFéile Mhór 秋の大祝祭。
自分で全力を出せたかな? と思うのですが、
そんな中にあってつらつらと考えることがあります。

それはハープ。
そう竪琴です。

戸越銀座の巨人のシチューハウスで行われたシャナキー・ナイト。
そこで高野陽子さんの歌うダニーボーイに合わせてハープを弾く……
筈だったんですが、出だしで躓いてしまって、
たまたま居合わせたHarpre's cafeのクミさんにバトンタッチしたんです。

いきなりのことと、弾いたことの無い僕のハープにもかかわらず、
さすがのクミさんは、綺麗に伴奏を務めてくれました。

ありがとうございます、クミさん!

その時につくづく思ったのですが、弾ける人が楽器を手にすると、
本当に楽器は歌い出すなぁって。

ああ、僕は自分の楽器を全く弾きこなせてないなぁ。
相棒のチカラを全然引き出せてないなぁ。

じゃあ、もっと弾けるようになったら? 練習したら?
と言われそうなのですが、幸か不幸か、
僕は竪琴よりも先に良き隣人に魅入られています。

翌日のHarpre's cafeさんと、アコーディオンの藤野さん、
そしてハーパーの梅田さんのライブを観に行きました。
とても素晴らしい演奏で、あっと言う間の2時間でした。

ああ、彼女たちは楽器で魔法をかけるんだなぁ。
音符とともに、時間に、空間に、人にかけられてく魔法。

僕は、語りと、良き隣人たちの軌跡で魔法をかけます。
それが僕の領分。僕のチカラなんだなぁと改めて思いました。

« Féile Mhór 東京 無事終了しました〜! | トップページ | 源氏の香りにのせて。 »

妖精博士の日常」カテゴリの記事

コメント

どちらもとっても素敵な魔法です(^^)

あら、自分の名前を見つけてびっくり!
先日は突然の演奏お声かけいただき、ありがとうございました。

私は高畑さん(とここではお呼びしておきましょうhappy01)のハープ、好きですけどねぇ。
ハープは、同じハープを弾いても一人たりとも同じ音にはなりません。
その人その人の音があるのがハープ、楽器だと思うので・・・。
ただ人間と同じ、楽器も相性はあるので、ぴったりくるものと出会われますように。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1556201/72158004

この記事へのトラックバック一覧です: 魔法をかける。:

« Féile Mhór 東京 無事終了しました〜! | トップページ | 源氏の香りにのせて。 »