« 緑の中で。 | トップページ | アイリッシュラボ&お話会の2dayでした! »

2018年5月31日 (木)

夢を見ようよ。

あえてリンクは貼りませんが、Twitterで見かけた出来事です。
レジン?で琥珀色の素敵などんぐりを作る造形作家さんがいらっしゃいます。
本当に素敵な琥珀どんぐりを、森で写した画像は、
太古の魔法樹の甘露のようです。
でも、どうやら、その画像を見て
「本当にそういうどんぐりがあると誤解するでしょ!」
とか
「こんなのウソだ」
というレスがついて、作家さんは暫くTwitterをお休みされることになりました。
作家さんは、言います。
「これが本当かウソかというよりも、
 そんなものがもしかしたらあるのかも知れない。そう思って欲しい」
と(うろ覚えです(@@;))
その一連の流れを見ていて、ああ、同じだなーと思いました。
妖精譚は時に荒唐無稽で、時にリアルです。
もしかしたら、本当にあったことかも……とか
これってベースにはなにか真実が隠されているのかもしれない
なんて考えてしまうことなんてザラです。
ですから、時々「そのお話しはどういう意味ですか!?」とか
「誰が語ったのですか!?」とか聞かれます。
もちろん、そういう裏側を知ることも確かに楽しくはあるのですが、
語りやお話会は、それそのものを「楽しんでなんぼ」だと思っています。
学術「的」なお話しも交えることもありますが、でも、語りは娯楽です。
娯楽って楽しんだもの勝ちですよね。
お話会は2時間。
2時間、人の話を聞くのってちょっと長いかも知れません。
でも、人生の中で、2時間ばかし生活の憂さを忘れ、
妖精郷に遊ぶのって素敵だと思うのです。
デイズニーランドも、豪華客船も、そういう場所。
中の人は……とか、船で何が楽しいの? なんて無粋だな。
と僕は思うのです。

« 緑の中で。 | トップページ | アイリッシュラボ&お話会の2dayでした! »

妖精博士の日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1556201/73593771

この記事へのトラックバック一覧です: 夢を見ようよ。:

« 緑の中で。 | トップページ | アイリッシュラボ&お話会の2dayでした! »