« エステ、行ってきました。 | トップページ | 妖精学講座 at 聖徳大学でした。 »

2018年6月12日 (火)

線と向こうのこちら側、ぽれやぁれ無事終了しました。

線というものは、区別をすると言うことでもあります。
敬愛して止まない故・山口小夜子女史がNHKの番組
「線って怖いものだと思うの。人と人を別ける、国と国を別ける……」

と仰っていたのがとても印象的だったのですが、

お話の世界でも、僕たちが住むこちら側と、紳士方の住む世界の間には、
薄いベールのような線が引かれていて、時折互いの姿が見え隠れするのですが、
おいそれと越えられないものです。
しかし、その線を軽やかに越える鍵があるとしたら、
それは音楽や踊り、物語なのだと思います。
この日は、僕が信頼する楽士の1人Sally  Lunnさん
尾張からやって来た太鼓奏者堀江達彦さんをゲストに向かえ
境界線のベールを越えるお話会を開催しました。

僕もSally Lunnさんも手応えを感じた一夜となり、
次も一緒に! ということになりました。
まだこのコンビを体験していない方はぜひ〜!

34875696_2001138246563251_623200084


34808156_2001138123229930_450825185

34792128_2001138206563255_362746003


34908821_2001138113229931_559549293


« エステ、行ってきました。 | トップページ | 妖精学講座 at 聖徳大学でした。 »

妖精博士の日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1556201/73668845

この記事へのトラックバック一覧です: 線と向こうのこちら側、ぽれやぁれ無事終了しました。:

« エステ、行ってきました。 | トップページ | 妖精学講座 at 聖徳大学でした。 »