« いよいよ2月です。 | トップページ | おしらせ »

2019年2月 6日 (水)

立春の頃は……

立春を過ぎいよいよ三寒四温、春の足音が聞こえてきましたね。
フェアリードクターの高畑吉男です。
東洋では立春、西欧ではインボルグは、
春の兆しが見え始め春の女神の到来を祝う節変わりです。
詩の霊感、鍛冶、炎、そして春の女神であるブリキッド(後の聖女ブリジット)の
白い素足が大地に触れる度に、霜が溶け、
ノードロップの花が咲くと言われています。
そんなインボルグの夜は、敬愛するSAlly Lunnさんたちとミツロウのキャンドルを。


以下、制作工程が覧られますから遡ってみてくださいね。

そして、出来上がったミツロウのキャンドルの木を囲んで
みんなでリトアニアの火祭りの歌を歌ってストーリーテリングの時間を。

素晴らしいインボルグの夜を過ごせました。
そして週が明けて、聖徳大学での妖精学講座でした。

さて、2月は色々と盛りだくさんです!
一緒に妖精郷の扉を開けましょう♪

--------------------------------------------------------
2月7日
市川・アトリエローゼンホルツ
フェアリードクターカフェ
a
小さなお話会は午後2~3時
☆ お問い合わせ詳細はアトリエまで ☆
               
2月8日
西荻窪・物豆奇                n
               


               
               
2月21日
紀尾井町・紀尾井町サロンホール
k
               
☆ お問い合わせ・お申し込みはこちら ☆
            


   
2月22日
Eggman tokyo east
                e

« いよいよ2月です。 | トップページ | おしらせ »

妖精博士の日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 立春の頃は……:

« いよいよ2月です。 | トップページ | おしらせ »